Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肢端チアノーゼ

執筆者:

Koon K. Teo

, MBBCh, PhD, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肢端チアノーゼは機能性の末梢動脈疾患の一種で、通常は寒さや精神的ストレスに対する反応として皮膚の細い血管にけいれんが起きることにより、両手のほか、まれに両足が持続的に青く変色し、痛みは伴いません。

機能性の末梢動脈疾患の概要も参照のこと。)

肢端チアノーゼは通常は女性に起こります。手と手指または足と足指が冷たく感じられ、青みがかった色になる傾向があります(チアノーゼ)。手足からひどく汗をかいたり、手足が腫れたりすることもあります。精神的ストレスや寒気にさらされると通常は青みが増し、温めると青みが少なくなります。この病気は痛みを伴わず、皮膚に損傷を与えることもありません。

この病気は、症状が患者の手か足に限られることと、太い動脈(手首や足首)では脈拍が正常であるにもかかわらず症状が持続することから診断できます。

通常、治療は必要ありません。しかし、寒気にさらされることを避けるよう推奨される場合もあります。カルシウム拮抗薬などの動脈を拡張する薬剤が処方されることもありますが、それらの薬剤は通常あまり効果がありません。通常は、青みを帯びた皮膚の変色が重篤な病気を示すものでないことを患者に知らせ安心させることが、唯一必要な対処法です。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP