Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

機能性の末梢動脈疾患の概要

執筆者:

Koon K. Teo

, MBBCh, PhD, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

機能性の末梢動脈疾患は末梢閉塞性動脈疾患よりもはるかに頻度の少ない病気です。正常なら、腕や脚の動脈は、気温などの環境の変化、血流の変化、脳からの信号に応じて拡張したり収縮したりします。機能性の末梢動脈疾患は、正常な動脈の拡張と収縮のメカニズムが過剰に働くことにより発生します。この病気に侵された動脈は、より強く頻繁に収縮します。このような収縮の変化の原因としては、以下のものがあります。

  • 血管の遺伝生の欠陥

  • 動脈の拡張と収縮をコントロールする神経(交感神経系)の障害

  • けが

  • 薬剤

機能性の末梢動脈疾患には、肢端チアノーゼ肢端紅痛症レイノー症候群があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP