Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

レイノー症候群

(Raynaud症候群)

執筆者:

Koon K. Teo

, MBBCh, PhD, McMaster University

最終査読/改訂年月 2018年 3月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

レイノー症候群は、機能性の末梢動脈疾患の一種で、寒さに対する反応として起きる細い動脈(細動脈)の狭窄(収縮)が正常時より強くなる状態であり、通常は手足の指の細動脈が侵されます。

  • 細い動脈の収縮によって、手足の指が青白くなったり、しびれやチクチクした感覚が生じたりします。

  • 多くの場合、診断は症状に基づいて下されます。

  • 体を温かく保つことや禁煙、ときには薬剤を服用することが助けになります。

レイノー症候群は以下のように分けられます。

  • 原発性:明らかな原因がない(レイノー病とも呼ばれる)

  • 続発性:原因を特定することができる(レイノー現象とも呼ばれる)

レイノー症候群という用語はどちらの意味でも使用されます。

原発性レイノー症候群

原発性レイノー症候群は、続発性レイノー症候群と比べてはるかに多くみられます。原発性レイノー症候群の60~90%は15~40歳の女性に発生します。

続発性レイノー症候群

続発性レイノー症候群の原因としては以下のものがあります。

血管を収縮させる薬剤を使用すると、レイノー症候群が悪化することがあります。レイノー症候群がみられる人の中には、動脈が収縮しやすいと起こる他の病気を併発している人もいます。そのような病気としては片頭痛 片頭痛 片頭痛は、中等度から重度の、脈打つような痛みやズキズキする痛みで、頭の片側または両側に生じます。身体活動、光、音、匂いなどによって悪化し、吐き気や嘔吐を伴ったり、音、光、匂いに過敏になったりします。 片頭痛は、睡眠不足、天候の変化、空腹、感覚への過度の刺激、ストレス、その他の要因が引き金となって発生します。 身体活動、光、音、または匂いによって悪化することがあります。 医師は典型的な症状に基づいて診断します。... さらに読む 異型狭心症 狭心症の分類 狭心症とは、心臓の筋肉(心筋)に供給される酸素が不足するために胸部に一時的な痛みや圧迫感が起きる病気です。 狭心症の人では、胸骨の後ろの部分に不快感や圧迫感がみられます。 典型的には狭心症は運動時に発生し、安静にしていると回復します。 狭心症の診断は、症状と心電図検査および画像検査の結果に基づいて下されます。 治療法には、硝酸薬、ベータ遮断薬、カルシウム拮抗薬の投与や、経皮的冠動脈インターベンション、冠動脈バイパス術などがあります。 さらに読む (安静時に起こる胸の痛み)、肺の血圧が高くなる肺高血圧症 肺高血圧症 さらに読む などがあります。レイノー症候群とこれらの病気が併発している場合、いずれの病気でも同じ原因により動脈の収縮が生じていることが疑われます。

症状

手足の指の細い動脈の収縮が急速に起こり、その最も一般的な誘因は寒さにさらされることです。数分から数時間にわたって持続することがあります。手足の指の色が青白く(蒼白)あるいは青く(チアノーゼ)変化し、通常はまだら状に変色します。この現象は、1本の指だけにみられる場合も、複数の指に部分的にみられる場合もあります。通常は手足の指が痛むことはありませんが、しびれ、チクチク感、灼熱感がよくみられます。発作が終わると、患部が通常よりも赤くなったり青みを帯びたりすることがあります。手や足を温めると正常な皮膚の色と感覚が回復します。

レイノー症候群の例

診断

  • 医師による症状の評価

  • ときにドプラ超音波検査

医師は通常、症状と身体診察の結果からレイノー症候群を疑います。検査をしなくても診断できることがしばしばあります。動脈の閉塞が疑われる場合は、冷気にさらされる前後にドプラ超音波検査 超音波検査では、周波数の高い超音波を内部の構造に当てて跳ね返ってきた反射波を利用して動画を生成します。この検査ではX線を使いません。心臓の超音波検査(心エコー検査)は、優れた画像が得られることに加えて、以下の理由から、心疾患の診断に最もよく用いられる検査法の1つになっています。 非侵襲的である 害がない 比較的安価である 広く利用できる さらに読む を行います。また、血液検査を行ってレイノー症候群の原因になる病気がないか確認します。

治療

  • 寒さやストレスなどの誘因を避ける

  • 禁煙

  • 薬剤

続発性レイノー症候群の場合、原因の病気を治療します。

病気による身体障害が進行し、他の治療が効かなくなった場合には、レイノー症候群の症状を軽減するために交感神経遮断術や交感神経切除術を行うことがあり、これらの手術では、特定の交感神経 自律神経系の概要 自律神経系は、血圧や呼吸数など、体内の特定のプロセスを調節している神経系です。意識的な努力を必要とせず、自動的(自律的)に機能するのが特徴です。 自律神経系の病気は、体のあらゆる部分とあらゆるプロセスに影響を及ぼす可能性があります。また、自律神経系の病気には、可逆性のものと進行性のものがあります。... さらに読む 自律神経系の概要 を(リドカインなどの薬剤の注射によって)一時的に遮断したり、ときに切断したりします。しかし、この手術がうまくいっても、効果はせいぜい1~2年しか持続しません。この手術は通常、続発性レイノー症候群の人よりも原発性レイノー症候群の人に効果的です。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP