Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肺動脈弁狭窄症

執筆者:

Guy P. Armstrong

, MD, North Shore Hospital, Auckland

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肺動脈弁狭窄症は、肺動脈弁の開口部が狭くなり、右心室から肺動脈に向かう血流が遮断(閉塞)される病気です。しばしば出生時から存在し(先天性)、そのため小児にみられます。

心臓弁膜症の概要も参照のこと。)

肺動脈弁は、右心室と肺につながる血管(肺動脈)の間の開口部にあります。肺動脈弁は、右心室が収縮し、肺に血液を送り出す際に開きます。特定の病気により弁の開口部が狭くなります(狭窄)。

肺動脈弁狭窄症は成人ではまれであり、通常は先天異常によって起こります。狭窄が重度の場合は、大きな心雑音が生じることから、通常は小児期に診断されます。重度の肺動脈弁狭窄症では、小児期に心不全を起こすこともありますが、通常は成人期まで症状はみられません。

症状は、胸痛(狭心症)、息切れ、失神などです。

診断

  • 身体診察

  • 心エコー検査

聴診では、肺動脈弁狭窄症に特有の心雑音が聞こえます。

心エコー検査は、狭くなっている弁の開口部と弁を通る血液量を描出できるため、狭窄の重症度を評価できます。

治療

  • バルーン弁形成術

症状がみられるか、心エコー検査で高度の狭窄が認められた場合には、バルーン弁形成術を行うことがあります。この手法では、先端にバルーンの付いたカテーテルを静脈から心臓内にまで挿入し、弁の開口部を拡張して開きます。弁の内部に到達したら、バルーンを膨らませて癒着した弁尖を分離します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP