Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

心臓のPET(陽電子放出断層撮影)検査

執筆者:

Michael J. Shea

, MD, Michigan Medicine at the University of Michigan

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

PET(陽電子放出断層撮影)検査では、心臓の細胞が機能するのに必要な酸素や糖などの物質を、陽電子(プラスの電荷をもつ電子)を放出する放射性物質(放射性核種)で標識します。標識された栄養素を静脈に注射すると、数分で心臓に到達します。センサーが陽電子を検出して、その結果をもとに観察したい部分の画像が作成されます。

PET検査は、心筋の様々な領域にどのくらいの量の血液が供給され、様々な物質の代謝がどの程度行われているかを明らかにするために行われます。例えば、血液が十分に供給されていない心筋の領域では正常な領域よりも多くの糖が消費されるため、放射性物質をつけた糖を注射すると、そうした血流不足の領域が分かります。

PET検査では他の核医学検査よりも鮮明な画像が得られます。しかし、非常に高い費用がかかり、どこででも受けられるわけではありません。この検査法は研究目的で用いられるほか、より単純で安価な検査法では診断できない場合に用いられます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP