Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

心臓の核医学検査

執筆者:

Michael J. Shea

, MD, Michigan Medicine at the University of Michigan

最終査読/改訂年月 2017年 10月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

核医学検査 核医学検査 核医学検査では、放射性核種を用いて画像を描出します。放射性核種は不安定な原子で、エネルギーを放射線の形で放出することで安定した原子になろうとする性質があります。放射性核種の多くは高いエネルギーをガンマ線(人の手によらない、自然環境で発生するX線)または粒子(陽電子放出断層撮影で使用される陽電子など)の形で放出します。 放射性核種は、甲状腺などの特定の臓器の病気を治療するのにも使用されます。... さらに読む では、微量の放射性物質(トレーサー)を静脈に注射します。検査の際に受ける放射線の量はわずかで、他のほとんどのX線検査で受ける量よりも低線量です。トレーサーはガンマ線を放出し、これをガンマカメラという特殊なカメラで検出します。得られた情報をコンピュータで解析し、組織に取り込まれた放射性物質の量の違いを示した画像を生成します。

心臓の核医学検査は、原因不明の胸痛 胸痛 胸痛は非常によくみられる症状です。鋭い痛みと鈍い痛みがありますが、胸に病気がある人が使う表現は、不快感、締めつけられる感じ、圧迫感、ガスがたまった感じ、焼けつくような痛み、うずくような痛みなどです。ときに、背部、首、顎、上腹部、腕などにも痛みが生じることがあります。胸痛の原因によっては、吐き気、せき、呼吸困難などの他の症状が現れることもあります。 胸痛が場合によっては生命を脅かす病気の徴候であることは多くの人がよく理解しており、わずかな... さらに読む を診断する際に特に有用です。冠動脈が狭窄している場合、核医学検査を行って、その狭窄が心臓の血液供給と機能に与えている影響を把握します。また核医学検査は、バイパス手術 冠動脈バイパス術 冠動脈疾患とは、心臓の筋肉(心筋)への血液供給が部分的または完全に遮断されることで起きる病気です。 心筋は酸素を豊富に含んだ血液を絶えず必要とします。その血液を心臓に送る血管は、大動脈が心臓から出たところで枝分かれする冠動脈です。この血管が狭くなる冠動脈疾患では、血流が遮断されて、胸痛(狭心症)や心臓発作(心筋梗塞とも呼ばれる)が発生しま... さらに読む 冠動脈バイパス術 や同様の処置の後に、心筋への血液供給がどの程度改善したかを調べたり、心臓発作後の予後(経過の見通し)を判断する目的でも行われます。

疑われる病気毎に、異なるトレーサーが使用されます。心筋を通る血流を評価する際は、一般的にテクネチウム99m標識セスタミビやタリウム201などのトレーサーを使用し、運動負荷試験 負荷試験 心臓に(運動や心拍を速く強くする薬剤で)負荷をかけると、冠動脈疾患を特定しやすくなります。冠動脈疾患では、心筋に血液を供給する冠動脈の血流が、部分的に、または完全に遮断されます。冠動脈の一部だけがふさがっている場合、安静時には心臓に十分な量の血液が供給されていても、心臓が激しく働いているときには供給が不足することがあります。したがって、運動中に心臓の検査を行うことで、冠動脈疾患の特定に役立ちます。... さらに読む 負荷試験 を行った後に撮影を行います。心筋細胞に吸収されるトレーサーの量は、血流に応じて決まります。運動量が最大になると、虚血により血液が十分に供給されていない心筋の部位は、正常な量の血液が供給されている周辺の心筋よりも、吸収するトレーサーの量が少なく、ぼやけた画像になります。運動することができない人の場合、ジピリダモールドブタミンアデノシンなどの薬剤を静脈内に注射し、運動と同じような影響を血流に与えることがあります。

数時間休んだ後、2度目の撮影を行い、得られた画像を運動中の画像と比較します。これにより、可逆的な血流不足(通常は冠動脈の狭窄が原因)が起きている部分と、不可逆的な血流不足(通常は過去の心臓発作による瘢痕化が原因)が起きた部分を判別することができます。

心臓発作 急性冠症候群(心臓発作、心筋梗塞、不安定狭心症) 急性冠症候群は、冠動脈が突然ふさがる(閉塞)ことによって起こります。閉塞の位置と量に応じて、不安定狭心症か心臓発作(心筋梗塞)が起こります。 急性冠症候群を発症すると、通常は胸部の圧迫感や痛み、息切れ、疲労などが起こります。 急性冠症候群が起きたと思ったら、まず救急車を呼んでから、アスピリンの錠剤を噛み砕いて服用します。 病院では心電図検査と血液中の物質を測定する検査により、急性冠症候群かどうかを診断します。... さらに読む 急性冠症候群(心臓発作、心筋梗塞、不安定狭心症) を最近起こしたばかりの人では、タリウム201ではなくテクネチウム99mを使用します。テクネチウムを使用すると、心臓発作による損傷を発作の12~24時間後から最大で約1週間後まで検出できます。タリウムは主に正常な組織に集積しますが、テクネチウムはそれと異なり、主に異常な組織に集積します。しかし、テクネチウムは骨にも集積するため、肋骨によって心臓の画像がいくらか不鮮明になります。

SPECT(単一光子放出型コンピュータ断層撮影)検査は、特殊な核医学検査で、コンピュータ処理により画質を向上させた一連の横断面の画像が得られます。これを基に3次元画像も作れます。SPECT検査では、心臓の機能、血流、異常について、従来の核医学検査よりも詳細な情報を得ることができます。

核医学検査では、同等のX線検査と比べて、受ける放射線の量が少なくて済みます。しかし、放射性物質が患者の体内に数日間とどまるため、検査を受けてから数日間は、空港の放射線警報機を鳴らしてしまうことがあります。核医学検査を受けた後に、飛行機旅行をしたり、車や列車、船で国境を越えたりする場合は、警備員が証拠を求めてくる可能性が高いため、主治医から証明書をもらっておくべきでしょう。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP