Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

血管の生物学

執筆者:

Michael J. Shea

, MD, Michigan Medicine at the University of Michigan

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

心血管系は心臓と血管から構成され、循環器系とも呼ばれます。血液はその中を循環しながら、酸素と栄養分を全身の組織に送り届けてから、老廃物を回収して組織から運び出す働きを担っています。

血管には以下の種類があります。

  • 動脈

  • 細動脈

  • 毛細血管

  • 細静脈

  • 静脈

血液はすべて、これらの血管の中を運ばれます。

血管:血液の循環

心臓から出た血液は動脈を通って全身に送られます。動脈はより細い血管へと枝分かれしていき、やがて細動脈になります。細動脈は毛細血管と呼ばれるさらに細い血管に続いています。毛細血管の薄い壁を通して、血液中の酸素と栄養分が組織内に移動し、組織内の老廃物が血液中に移動します。その後、毛細血管の血液は細静脈に送られ、静脈を通って心臓に戻ります。

動脈と細動脈の壁は比較的厚い筋肉の層でできていますが、その理由は、これらの血管に高い血圧がかかるためであり、また血圧を維持して血流を制御するのに内径を変化させる必要があるためです。一方、静脈と細静脈では血圧が低いため、これらの血管の壁は動脈や細動脈よりもずっと薄く、筋肉の層も少なくなっています。静脈は血液量の増加に対応するために拡張することがあります。

血管:血液の循環

血管が破れたり、裂けたり、切れたりすると、血液が漏れ出して出血が起きます。体外に血液が流れ出せば外出血、臓器の周囲のすき間や臓器の内部に血液が流れ込めば内出血といいます。

動脈と細動脈

動脈は丈夫かつ柔軟で弾力性があり、心臓から出た血液を全身に送る役割を果たしており、非常に高い血圧に耐えることができます。動脈は弾力性が高く、心拍と心拍の間で心臓が拡張している間は自然に狭くなりますが、このことが血圧を維持するのに役立っています。動脈はより細い血管へと枝分かれしていき、最終的には細動脈と呼ばれる非常に細い動脈になります。動脈と細動脈の壁には筋肉の層があり、それにより血管の内径を調節することで、特定の部位への血流の量を増減できるようになっています。

毛細血管

毛細血管は、心臓から全身に血液を送る動脈と全身から心臓に血液を戻す静脈との間をつないでいる、極めて薄い壁でできた非常に細い血管です。この毛細血管の薄い壁を通して、血液中の酸素と栄養分が組織内に移動し、組織内の老廃物が血液中に移動します。

細静脈と静脈

血液は毛細血管から非常に細い血管(細静脈)に送られ、さらに静脈を通ってから、心臓に戻ります。静脈内の血圧は非常に低いため、静脈の壁は動脈よりもずっと薄くなっています。静脈内を流れる血液の量が増えるにつれて、静脈は広がります。一部の静脈、特に脚の静脈には、血液の逆流を防ぐための弁があります。それらの弁で漏れが起きると、逆流した血液によって静脈が拡張して長くなり、曲がりくねった(蛇行した)状態になります。体の表面近くで拡張して蛇行した静脈は、静脈瘤と呼ばれます。

血管とリンパ節

血管とリンパ節
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP