Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肺性心

執筆者:

Sanjiv J. Shah

, MD, Northwestern University Feinberg School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肺性心は、肺の基礎疾患によって生じた肺高血圧症(肺の中の血圧が高くなった状態)のために、右心室に拡大と肥厚が起きた状態です。右心室に拡大と肥厚が起きた結果として、心不全に陥ります。

肺高血圧症とは、心臓から肺につながる動脈(肺動脈)の血圧が異常に高くなる病気です。肺疾患によって肺高血圧症が引き起こされる原因はいくつかあります。

血液中の酸素レベルが低い状態が長く続くと、肺動脈が収縮して肺動脈の壁が肥厚します。この収縮と肥厚により、肺動脈の圧が上昇します。肺組織が損傷したり肺組織の量が減少する肺疾患(例えば、肺気腫)によって、肺の血管の数が減少することもあります。血管の数が減少すると、残った血管の圧が上昇します。

肺性心の最も一般的な原因は以下のものです。

他のあまり一般的でない原因としては以下のものがあります。

  • 結合組織疾患

  • 肺の間質の線維化

  • 肥満とそれに伴う呼吸能力の低下

いったん肺高血圧が発生すると、肺に血液を供給するために、心臓の右側部分により大きな負荷がかかるようになります。こうして負担のかかった心臓の筋肉は拡大し、肥厚します。肺高血圧が長く続くと、心臓の右側部分を拡大・肥厚させることでは機能を補いきれなくなり、右心不全に陥ります。

右心室が機能不全に陥ると、血液の流れが異常に遅くなるため、脚に血液が滞留しやすくなり、肺塞栓症のリスクが高まります。血液が滞留して血栓ができると、血栓はやがて血流に乗って肺に到達し、肺の血管を詰まらせ、結果、危険な状態となります。

症状

肺性心は、かなり進行するまで、ほとんど症状が現れないことがあります。症状が発生すると、以下のような訴えがみられます。

  • 運動中の息切れ

  • ふらつき(特に活動時)

  • 疲労

  • 胸痛

また、脚の腫れ(浮腫)や徐々に悪化する息切れといった心不全の症状も現れます。

診断

  • 心エコー検査

肺性心の診断に役立つ検査はいくつかくありますが、医師は身体診察の結果を基に肺性心を疑うこともしばしばあります。例えば、聴診器を胸に当てると、右心室に負担がかかっているときに発生する特徴的な心音が聞かれます。脚が腫れたり、首の静脈が隆起したりすることもあります。

胸部X線検査では、右心室や肺動脈が拡大しているのが分かります。

医師はまた、心エコー検査核医学検査心臓カテーテル検査(心腔や肺の動脈にかかる圧力を測定する)などを行って、左心室と右心室の機能を調べます。

治療

  • 肺性心を引き起こしている病気の治療

  • ときに、抗凝固薬と肺動脈を弛緩させる薬剤

通常は、基礎にある肺の病気を治療します。肺性心の患者は肺塞栓症のリスクが高くなるため、長期にわたって抗凝固薬が処方されることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP