Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

QT延長症候群とトルサード・ド・ポアンツ心室頻拍

執筆者:

L. Brent Mitchell

, MD, Libin Cardiovascular Institute of Alberta, University of Calgary

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

トルサード・ド・ポアンツ心室頻拍は特別なタイプの心室頻拍で、QT延長症候群と呼ばれる心臓の電気的活動の病気がある人で起こります。

不整脈の概要心室頻拍も参照のこと。)

一部の患者には生まれつきQT延長症候群があります。その他の患者では、この病気は血清中のカリウム濃度の低下、徐脈(心拍数の異常な低下)、薬剤の使用によって起こります。しばしば抗不整脈薬によってQT延長症候群が引き起こされますが、特定の抗うつ薬、抗ウイルス薬、抗真菌薬によってもこの病気が起こる可能性があります。

QT延長症候群のある人では、トルサード・ド・ポアンツ心室頻拍が起きることがあり、ときに心室細動も起こります。運動によって症状が誘発されることもあります( 運動選手の心臓突然死)。

知っていますか?

  • 「QT延長」という用語は、心電図上でみられる電気的活動の異常なパターンを表したものです。

症状

QT延長症候群の人では、心室頻拍が起きた際に動悸(拍動の自覚)がみられることがあります。また、軽いふらつきを覚えたり、失神したりすることもあります。心室細動は心停止と突然の失神を引き起こします。

診断

  • 心電図検査

QT延長症候群の検出には心電図検査を用います。

一部のQT延長症候群は遺伝性のため、この病気の家族歴があるか、心臓の病気で突然死亡した近親者がいる場合には、QT延長症候群の検査を行うことがあります。

治療

  • 電気ショックを与えて心拍を正常なリズムに戻す(除細動)

  • 発作の予防

心室細動が生じた場合は除細動が必要になります。ときに、硫酸マグネシウムを投与することもあります。

薬が原因である場合は、その使用を中止します。

再発を予防するため、身体活動の制限が必要になる場合もあります。また、ベータ遮断薬( 不整脈の治療に用いられる主な薬剤)の服用や、ペースメーカーまたは除細動器の埋め込みが必要になる場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP