Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

膀胱鏡検査

執筆者:

Bradley D. Figler

, MD, University of North Carolina

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

膀胱および尿道の病気の中には、膀胱鏡(内視鏡[観察用の柔軟な管状の機器]の一種)による観察で診断できるものもあります(例えば、膀胱腫瘍膀胱結石前立腺肥大症)。膀胱鏡は鉛筆ほどの太さをした内視鏡で、長さは30~150センチメートルほどですが、実際に尿道と膀胱の内部に挿入されるのは先頭の15~30センチメートルほどの部分だけです。多くはライトと小さなカメラが内蔵されていて、それにより膀胱と尿道の内部を観察することができます。先端部に物をはさむための器具が付いたものも多く、膀胱の内側を覆う組織のサンプルを採取(生検)できるようになっています。膀胱鏡検査は、患者が意識のある状態で行うことが可能で、検査に伴う不快感はわずかです。通常は処置を開始する前に、麻酔薬のゲルを尿道内に注入します。合併症として軽い出血や感染症などが起こりえます。

腎臓および尿路疾患の評価も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP