Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

陰嚢の腫れ

執筆者:

Anuja P. Shah

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

片方または両方の陰嚢(精巣を包んで保護している袋)の腫れは、尿路疾患の症状である場合があります。(尿路症状の概要も参照のこと。)腫れは、わずかで陰嚢を入念に触診して初めて検出できる場合もあれば、極めて大きくなり外見から明らかな場合もあります。陰嚢の腫れを引き起こす病気には、同時に陰嚢痛を引き起こすものもあります。

原因

痛みのない陰嚢の腫れは、一般的に害のない変化が原因である場合もあれば、がんの徴候であることもあります。原因はいくつかあります。

一般的な原因

最も一般的な原因は以下のものです。

  • 陰嚢内への体液の貯留(陰嚢水腫)

  • 鼠径部のヘルニア(鼠径ヘルニア

  • 精巣から出る静脈の拡張(精索静脈瘤)

陰嚢水腫は、精巣を包む組織の層の間に体液が貯まる病気です。陰嚢水腫と鼠径ヘルニアが男児で最も一般的な原因です。精索静脈瘤は男性の最大20%でみられ、不妊症の原因になる可能性があります。

あまり一般的でない原因

あまり一般的でない原因としては以下のものがあります。

  • 精巣上体の嚢胞(精液瘤)

  • 陰嚢内への血液の貯留(血腫)

  • 身体の過剰な体液の蓄積(浮腫)

  • 精巣腫瘍

精巣腫瘍は、痛みのない精巣の腫れの原因として最も重要なものです。ほとんどの腫れは、がんではないことが判明します。しかし、精巣腫瘍は40歳未満の若年男性の固形がんの中では最もよくみられるものであり、また、より若年および高齢の男性でも発生する可能性があることから、陰嚢に腫れやしこりがみられた場合は、医師の診察を受ける必要があります。

評価

以下では、どれくらい急いで医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

陰嚢にしこりがある男性で、最も気を付けなければならない徴候は以下のものです。

  • 固形のしこりが精巣に付着または一部としてある

  • 風船のような膨隆が腹部から陰嚢へと延び、押し戻すことができない

受診のタイミング

風船のような腫れが腹部から陰嚢へと延び、押し戻すことができない場合は、鼠径ヘルニアができて、元に戻らない状態(嵌頓)になっている可能性があります。この場合、直ちに医師の診察を受ける必要があります。痛みのない腫れが突然痛み出した場合も、鼠径ヘルニアが元に戻らなくなり、血液の供給が遮断されたこと(絞扼性ヘルニア)が原因である可能性があるため、直ちに医師の診察を受ける必要があります。その他の場合は、医師の予約が取れた段階で診察を受ける必要があります。1週間程度の遅れは問題になりません。

医師が行うこと

医師はまず、症状について質問し、次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、腫れの原因と必要になる検査を推測することができます( 陰嚢の腫れの主な原因と特徴)。

医師は、腫れがいつからあるか、立っているときと横になったとき、または腹圧が上昇したとき(せきや重い物を持ち上げる際のいきみ)に腫れに何らかの変化はないかを尋ねます。さらに、体の他の部分の病気が陰嚢の腫れに寄与している可能性もあるため(心不全または肝不全に関連した浮腫など)、病歴についても尋ねます。

身体診察は、立った状態と横になった状態で行います。精巣、精巣上体、精索を慎重に触診し、腫れまたはしこりの正確な位置を特定し、腫れに圧痛があるかどうかをみます。ときに、陰嚢の背部から明るい光を照射し、光が透過するかどうかをみます(透光検査)。光は、液体の集まり(陰嚢水腫)は透過することができますが、固形のしこり(がんなど)は透過できません。

icon

陰嚢の腫れの主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

浮腫(身体内での過剰な体液の蓄積)

以下の特徴を示す腫れ

  • スポンジのような感触

  • 両側の陰嚢全体で起こる

  • 指で押して離すと跡が残る(圧痕性浮腫)

しばしば脚、ときに腹部に腫れがみられる男性

心不全や重度の肝疾患や腎疾患など、腫れを引き起こす可能性がある病気のある男性

医師の診察

ときに超音波検査

陰嚢血腫(陰嚢内での血液の貯留)

以下の特徴を示す腫れ

  • 痛みと圧痛がある

  • けがの後に発生した

医師の診察

ときに超音波検査

陰嚢水腫(陰嚢内への体液の貯留)

以下の特徴を示す腫れ

  • 軟らかい感触

  • 横になっても消失しない

  • 腹部に押し戻すことができない

医師の診察

ときに超音波検査

鼠径部のヘルニア(鼠径ヘルニア)

典型的には、鼠径部に長期にわたり無痛の膨隆があった男性、しばしばヘルニアの存在が判明している男性

以下の特徴を示す膨隆

  • 軟らかく、風船のような感触

  • しばしば陰嚢より上部でも触ることができる

  • 典型的には、男性が上体を起こしているときや、腹部内の圧力が上昇しているとき(例、排便のいきみや重い物を持ち上げる際)に大きくなる

  • ときに、横になると消失する

  • ときに、腹部内に押し戻すことができる

痛みは徐々に始まるか突然生じ、典型的には膨隆を腹部に押し戻すことができない時に起こる

医師の診察のみ

リンパ浮腫(リンパ液の蓄積)―例えば、フィラリア症と呼ばれる熱帯寄生虫の感染に起因する場合や、出生時から存在している場合がある

陰嚢全体にわたるゴムのような腫れ

押した後に跡が残らない

医師の診察

ときに超音波検査

精液瘤(精巣上体の嚢胞)

精巣の上端部近くにしこり

医師の診察

ときに超音波検査

硬いしこりが精巣に付着しているか精巣内にある

ときにうずくような鈍い痛み、または、がんから出血している場合は突然の鋭い痛み

超音波検査

血液検査

ときに腹部、骨盤、胸部のCT検査

精索静脈瘤(精巣から出る静脈の拡大)

以下の特徴を示す腫れ

  • 袋にミミズが入っているような感触

  • 通常は左側に生じる

ときに痛みおよび立っているときの充満感

ときに精巣の萎縮(精巣萎縮)

医師の診察のみ

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影。

検査

腫れの原因は、ときに症状と身体診察の結果から特定することができます。症状や身体診察から原因が特定されない場合は、通常は検査が必要になります。多くの場合、最初に行われるのは超音波検査です。超音波検査は以下の場合に行われます。

  • 診断が確かでない場合

  • 診察中に陰嚢水腫がみつかった場合(超音波検査で体液の発生源が示されることがあります)

  • 透光検査で腫れのある部分に液体が認められない場合

超音波検査の結果によっては、さらに精巣腫瘍に対する検査を行うこともあります。精巣腫瘍に対する検査としては、血液検査のほか、ときに腹部、骨盤、胸部のCT検査などがあります。

治療

陰嚢の腫れに対する最良の治療法は、腫れの原因を治療することです。常に治療が必要になるわけではありません。鼠径ヘルニアでは、突出している腸を優しく押して元の場所に戻す方法で、修復を試みることがあります。

要点

  • 陰嚢の腫れがみられる成人男性や男児は、たとえ痛みがなくても、医師の診察を受ける必要があります。

  • 精巣腫瘍はすべての男性、特に40歳以下の男性で検討されます。

  • 診断は通常、症状、身体所見、および超音波検査の結果から明らかです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP