Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

持続勃起症

(プリアピズム)

執筆者:

Anuja P. Shah

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

持続勃起症(プリアピズム)とは、性欲や興奮と無関係に勃起が持続し、痛みを伴う状態です。5~10歳の男児と20~50歳の成人男性に最も多くみられます。(尿路症状の概要も参照のこと。)

陰茎は、空洞のある3つの円筒形の組織で構成されていて、その中を血液が流れるようになっています(勃起組織と呼ばれます)。そのうち大きい方の2本は1対の陰茎海綿体で、並んで位置しています。もう1本は、尿道を取り巻き、円錐型の陰茎の先端(亀頭)まで続いている尿道海綿体です。これらの海綿体洞が血液で満たされると、陰茎は大きく硬くなります(勃起)。鼠径部の静脈の周囲の筋肉が収縮し、陰茎から血液が流れ出ないようにし、陰茎の勃起を維持します。

知っていますか?

  • 勃起が性的興奮が治まってからも持続し、痛みを伴うようになることがあります。

  • 勃起が長時間続いて痛みが生じている男児や成人男性は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

虚血性持続勃起症

持続勃起症のほとんどの症例は、陰茎から血液が流出できないことが関与しています。血液が渋滞し、酸素を豊富に含んだ新たな血液が陰茎に流入できなくなります。その結果、陰茎で酸素が不足します。この状態は虚血性持続勃起症や静脈性持続勃起症と呼ばれます。勃起が4時間以上持続すると、激しい痛みが生じます。陰茎は勃起しているのに、亀頭は軟らかい場合があります。長時間の持続勃起症は、勃起障害やさらには陰茎組織の壊死につながる可能性があります。

間欠的持続勃起症は、再発を繰り返す虚血性持続勃起症の一種で、勃起している期間と勃起していない期間が交互にみられます。

非虚血性持続勃起症

まれに、陰茎に入る血流がコントロールされないために持続勃起症が起こることがあります。このような異常な血流は、通常は鼠径部の動脈の損傷が原因です。非虚血性持続勃起症は、動脈性持続勃起症とも呼ばれます。虚血性持続勃起症と比較して痛みは少なく、組織の壊死は起こりません。陰茎は勃起しますが、完全には硬くなりません。その後の勃起障害は、虚血性持続勃起症の場合と比較してはるかに発生率が低くなっています。

原因

持続勃起症は、おそらく血管、赤血球、神経に異常が生じ、陰茎の勃起組織に血液が閉じこめられてしまうことが原因で起こると考えられています。ときには、持続勃起症の原因を特定できないこともあります。

一般的な原因

原因は、年齢に応じてある程度異なります。

成人男性で最も一般的な原因は以下のものです。

勃起を促進する薬は、服用するもの(アバナフィル[avanafil]、シルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィルなど)と陰茎に注射するもの(アルプロスタジルなど)のどちらも、持続勃起症の原因になる可能性があります。

男児で最も一般的な原因は以下のものです。

あまり一般的でない原因

あまり一般的でない原因としては以下のものがあります。

評価

以下では、どのようなときに医師の診察を受けるべきか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

持続勃起症がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 激しい痛み

  • 10歳未満

  • 陰茎または鼠径部領域の最近のけが

  • 発熱および寝汗

受診のタイミング

持続勃起症が起こった男児や男性は、治療を受けるために直ちに医師を受診する必要があります。警戒すべき徴候がみられる場合は、持続勃起症の原因が異常または重篤な病態かどうかを特定するために、さらなる評価が必要になることがあります。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問し、次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、持続勃起症の原因と必要になる検査を推測することができます( 持続勃起症の主な原因と特徴)。

医師は以下のことを質問します。

  • 勃起はどのくらい続いているか

  • 痛みはどこにあるか

  • 陰茎または鼠径部にけがをしたか

  • 持続勃起症を引き起こす状態(鎌状赤血球症など)があるかどうか

  • 勃起障害の治療薬やレクリエーショナルドラッグを含めて、どのような薬を服用していたか

身体診察では、性器に焦点を絞ってけがやがんの徴候を検出しようとしますが、腹部の診察および直腸指診も行います。脊髄の病気の徴候を探すため、神経学的診察も行う場合があります。

icon

持続勃起症の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

勃起障害の治療薬(アルプロスタジル、パパベリン、フェントラミン、アバナフィル[avanafil]、シルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィルなど)

持続勃起症が始まる直前にこれらの薬の1つを服用した男性で起きた痛みを伴う持続勃起症

医師の診察のみ

レクリエーショナルドラッグ(アンフェタミンやコカインなど)

痛みを伴う持続勃起症

アンフェタミンまたはコカインが原因の場合は、興奮および不安

医師の診察

ときに薬物スクリーニング

その他の薬(抗凝固薬、特定の抗うつ薬、降圧薬、精神刺激薬、抗精神病薬、コルチコステロイド、リチウムなど)

何らかの病気の治療を受けている男児または成人男性における痛みを伴う持続勃起症

医師の診察のみ

男児または若い成人男性、しばしばアフリカ系または地中海系

血算

ヘモグロビン異常の有無を確認する血液検査(ヘモグロビン電気泳動検査)

前立腺に隣接する領域に広がった前立腺がんまたは性器に広がった何らかのがん

50歳以上の男性で、膀胱から尿道への開口部(膀胱出口部)が閉塞していることを示唆する症状(尿勢低下、排尿開始困難、排尿後尿滴下など)が増悪している

ときに血尿

前立腺特異抗原の濃度を測定する血液検査

CTまたはMRI検査

脊髄の病気、例えば脊柱管が狭くなる脊柱管狭窄や脊髄の圧迫

脚の筋力低下またはしびれ

尿閉(膀胱に尿がたまっても排尿できない状態)または尿失禁便失禁

脊椎のMRIまたはCT検査

動脈の損傷

中等度の痛みを伴うわずかに硬くなった持続勃起症

陰茎または鼠径部に最近けがをした男性

デュプレックス法による陰茎の超音波検査(血流を測定する超音波検査で、血液が流れている血管の構造を描出できる)

血管造影検査(血管のX線検査)

MRI検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。

検査

検査が必要かどうかは、病歴聴取と身体診察の結果によって決まります。しばしば、持続勃起症の種類(虚血性または非虚血性)と原因が明らかなことがあります(勃起障害の治療薬を使用しているなど)。持続勃起症が虚血性か非虚血性か明らかではない場合、陰茎から血液サンプルを採取し、酸素やその他のガスの有無を検査します(動脈血ガス測定)。デュプレックス法による超音波検査(血流を測定する超音波検査で、血液が流れている血管の構造を描出できます)を行うこともあります。これらの検査は虚血性持続勃起症と非虚血性持続勃起症を鑑別する上で有用です。超音波検査は、持続勃起症での血流パターンおよび持続勃起症に寄与している解剖学的異常を示すことができます。依然として原因が明らかでない場合、血液疾患および尿路感染症の検査を行います。検査には以下のものがあります。

  • 血算

  • ときに、ヘモグロビン電気泳動検査、特にアフリカ系または地中海系の男児および成人男性

ヘモグロビン電気泳動検査は、鎌状赤血球症でみられるような異常なヘモグロビン(赤血球中で酸素を運ぶタンパク質)がないかを調べる血液検査です。

一部の男児および成人男性では、レクリエーショナルドラッグを使用していても認めないことがあるため、ときに薬物スクリーニングを行います。また、ときにMRIまたはCT検査も行います。

治療

直ちに行える簡単な処置として、氷をあてる、階段を昇る、またはその両方があります。しかし、持続勃起症は緊急事態であり、できる限り早急に治療を開始する必要があり、可能であれば救急治療部の泌尿器専門医の治療を受けるのがよいとされています。

激しい痛みを訴える男児および成人男性には医師が鎮痛薬を投与します。持続勃起症が虚血性の場合は、通常は他の処置も必要になります。局所麻酔で陰茎を麻痺させた後、陰茎に血液を供給している血管を収縮させる薬(例えばフェニレフリン)を陰茎に注射して、陰茎への血流を減少させて腫れを鎮静させます。また、針やシリンジを用いて陰茎から血液を抜き取る(吸引する)こともあります。血液の吸引は、圧力と腫れを軽減する上で有用です。ときに、陰茎の静脈に食塩水を流し、酸素の欠乏した血液や血栓の除去を補助します。

これらの処置は繰り返されることがあります。これらの処置によっては効果がみられない場合、外科的シャントを作成することがあります。シャントは、陰茎に外科的に挿入された流路で、過剰な血流を迂回させ、陰茎の循環が正常に戻るようにするものです。

要点

  • 持続勃起症は緊急事態であり、直ちに評価と治療を開始する必要があります。

  • 最も一般的な原因は、薬(勃起障害の治療薬を含む)の使用と鎌状赤血球症です。

  • 治療としては通常、陰茎に薬剤を注射するとともに、陰茎から過剰な血液を除去します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP