Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

胆管と胆嚢の腫瘍

執筆者:

Christina C. Lindenmeyer

, MD, Cleveland Clinic

レビュー/改訂 2021年 9月
プロフェッショナル版を見る

胆管や胆嚢の腫瘍は、悪性か良性かを問わず、まれです。

  • 胆管や胆嚢の腫瘍は通常、超音波検査かMRI/MRCPで検出することができます。

  • これらのがんは多くの場合致死的ですが、症状の治療はできます。

胆汁は、肝臓で作られ消化を助ける液体です。胆汁は、胆汁を送り出すための細い管(胆管)を通って、最初に肝臓内を、続いて肝臓から胆嚢へ、そこからさらに小腸へと送られます。胆嚢は、肝臓の下にある洋ナシのような形をした小さな袋状の臓器で、胆汁を蓄え、必要なときに放出します。(胆嚢と胆管の病気の概要 胆嚢と胆管の病気の概要 胆汁は、緑がかった黄色の粘り気のある液体で、肝臓で作られます。胆汁はコレステロール、脂肪、脂溶性ビタミンを腸から吸収しやすい形に変えることで、消化を補助します。また、特定の老廃物(主にビリルビンと過剰なコレステロール)や薬の副産物を体外に排出する働きもあります。 胆道は複数の細い管で構成され、胆汁はそれらの管を通って肝臓から胆嚢へ、さらに... さらに読む 胆嚢と胆管の病気の概要 も参照のこと。)

胆嚢のがんもまれです。胆嚢がんを発症する人には、ほとんどの場合、 胆石 胆石 胆石は胆嚢内で固形物(主にコレステロールの結晶)が集積したものです。 肝臓はコレステロールを過剰に分泌することがあり、このコレステロールは胆汁とともに胆嚢に運ばれ、そこで過剰なコレステロールが固体粒子を形成して蓄積します。 胆石は、ときに数時間続く上腹部痛を起こすことがあります。 超音波検査では極めて正確に胆石を検出できます。 胆石によって痛みなどの問題が繰り返し起こる場合は、胆嚢を摘出します。 さらに読む 胆石 がみられます。このがんが発生すると、多くの人は数カ月しか生きられません。このがんは、アメリカンインディアン、大きな胆石がある人、重度の慢性 胆嚢炎 胆嚢炎 胆嚢炎は胆嚢に炎症が起きた状態で、多くは胆嚢管をふさいでいる胆石が原因です。 典型的には腹痛、発熱、吐き気がみられます。 通常は、超音波検査で胆嚢炎の徴候を検出できます。 胆嚢の摘出には、しばしば腹腔鏡が用いられます。 胆嚢は、肝臓の下にある洋ナシのような形をした小さな袋状の臓器で、胆汁という、肝臓で作られ消化を助ける液体を蓄えます。人がものを食べて胆汁が必要になると、胆嚢が収縮することにより、胆汁が胆管を通して小腸に送り出されます。(... さらに読む に伴う胆嚢の広範な瘢痕がある人に多くみられます。

良性の腫瘍であるポリープが胆嚢にできることもあります。ポリープが症状を引き起こしたり、治療が必要になったりすることはまれです。これは超音波検査で約5%の人に見つかります。大きなポリープを切除するために手術が必要になることがあります。

ときにがんが胆汁の流れを妨げることがありますが、閉塞の大半は胆石によるものです。それより頻度は低いものの、体の別の部位に発生したがんが、隣接する組織や付近のリンパ節に広がり(転移し)、閉塞を引き起こすことがあります。胆管の良性腫瘍も閉塞を引き起こします。

胆管と胆嚢の腫瘍の症状

初期症状としては以下のものがあります。

症状は徐々に悪化します。腹痛が激しくなって持続することがあります。腹痛は通常、胆管の閉塞によって起こります。便の色が白くなることもあります。疲労感や不快感を覚えます。腹部にしこりが感じられることがあります。

胆嚢がんも同様の症状を引き起こします。

ほとんどの胆嚢ポリープは症状を引き起こしません。

胆管と胆嚢の腫瘍の診断

  • 超音波検査に続いて、その他の画像検査

  • ときに内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)検査または組織サンプルの採取

画像検査の結果がはっきりしなければ、 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査 肝臓、胆嚢、胆管の画像検査には、超音波検査、核医学検査、CT検査、MRI検査、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)検査、経皮経肝胆道造影検査、術中胆道造影検査、単純X線検査などがあります。 ( 肝臓と胆嚢の概要も参照のこと。) 超音波検査では、音波を利用して肝臓や胆嚢、胆管を画像化します。経腹超音波検査は、 肝硬変(肝臓の重度の瘢痕化)や 脂肪肝(肝臓に過剰な脂肪が蓄積している状態)など肝臓全体を一様に侵す異常よりも、腫瘍など肝臓の特... さらに読む (ERCP)検査が行われます。この方法では、内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を口から小腸内に挿入します。内視鏡を介して細いチューブ(カテーテル)を挿入し、そのカテーテルから放射線不透過性の造影剤(X線画像上で見える物質)を胆管に注入します。続いてX線撮影を行い、異常を検出します。この方法で、画像だけでなく顕微鏡下で観察するための組織サンプルを取得することもできます(図「 内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査について 内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査について理解する 内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査について理解する 」を参照)。

これらの検査で腫瘍が疑われるものの、結論に至らない場合は、異常があると考えられる部位に医師が皮膚の上から細い針を刺して、組織のサンプルを採取することがあります。超音波画像またはCT画像を頼りにして、医師が針を目的の位置まで進めます。

がんの広がりを調べるために、手術を行って直接その部位を確認しなければならないこともあります(診断的腹腔鏡検査または開腹手術と呼ばれます)。

胆管と胆嚢の腫瘍の治療

  • 閉塞した胆管へのステントの挿入

  • ときに腫瘍を切除する手術

胆管がんと胆嚢がんは、ほとんどが死に至りますが、治療は症状をコントロールするのに役立ちます。

閉塞部を胆汁が流れるようにするために、ステントと呼ばれる管状の機器を閉塞部に挿入する方法があります。この処置は痛みのコントロールとかゆみの軽減に役立ちます。ステントは内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)検査の実施中に挿入することができます。

悪性腫瘍を切除する手術が行われることがありますが、通常は腫瘍を完全に切除することはできません。胆管がんには化学療法と放射線療法が用いられることがあります。腫瘍が他の部位から広がってきたもの(転移性腫瘍)である場合は、化学療法で症状をいくらか軽減できることがありますが、生存期間が劇的に改善することはありません。

胆石の手術中にごく早期の胆嚢がんが見つかった場合は、しばしば胆嚢を摘出することで完治させることができます。

さらなる情報

役立つ可能性がある英語の資料を以下に示します。こちらの情報源の内容について、MSDマニュアルでは責任を負いませんのでご了承ください。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP