Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

食道裂傷(マロリー-ワイス症候群)

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

食道裂傷(マロリー-ワイス症候群)は、食道壁の穿孔(せんこう)には至らない裂傷のことです。

  • 激しい嘔吐によって裂傷が起きることがあります。

  • 症状は嘔吐物中に血液がみられることなどです。

  • 診断は上部消化管内視鏡検査と臨床検査の結果に基づいて下されます。

  • 必要な場合の治療としては、出血を止める処置や、まれに手術を行うことがあります。

食道 のどと食道 のど(咽頭[いんとう]、 のどを参照)は口の下後方に位置しています。口から飲み込まれた飲食物はのどを通過します。飲食物を飲み込む運動(嚥下[えんげ])は、特に意識しなくても始まり自動的に継続します。嚥下時には、小さな筋皮弁(喉頭蓋[こうとうがい])が閉じて、飲食物が肺に向かう気管に入らないように防いでいます。口の天井の後方部分(軟口蓋[なんこうがい])は上にもち上がって、飲食物が鼻に入らないように防いでいます。口蓋垂(こうがいすい)は、... さらに読む は、のど(咽頭)から胃までをつなぐ中空の管です。( 食道の概要 食道の概要 食道は、のど(咽頭)から胃までをつなぐ中空の管です。食べものは単純に食道を落ちて胃に入るわけではありません。食道の壁は、波のように進む筋肉のリズミカルな収縮(ぜん動)によって、食べものを胃まで進めます。 のどと食道の境界のすぐ下には、上部食道括約筋と呼ばれるリング状の筋肉があります。食道と胃の境界の少し上にも、下部食道括約筋と呼ばれるリン... さらに読む 食道の損傷の概要 食道の損傷の概要 食道(のどから胃までをつなぐ中空の管)は比較的損傷を受けにくい臓器ですが、胃酸の逆流(胃食道逆流症[GERD])によって徐々に損傷することがあります。また、腐食性や酸性の化学物質、刺激性の薬物、鋭利な物体などを飲み込んだり、極度の圧力がかかったりすることによって、食道の損傷が突然起きることもあります。激しい嘔吐の際、食道に極度の圧力がかかることがあり、激しい嘔吐により食道に裂傷が生じることもあります。非常に重篤な損傷の1つに食道破裂があ... さらに読む も参照のこと。)

激しい嘔吐、吐き気、しゃっくりの際に下部食道や胃上部に裂傷が生じることがあり、マロリー-ワイス症候群と呼ばれています。裂傷により血管が破断することがあり、それによって出血が起こります。当初、マロリー-ワイス症候群はアルコール依存症患者で報告されましたが、激しく嘔吐するあらゆる人で起こりえます。

知っていますか?

  • 激しい嘔吐によって食道に裂傷が生じることがあります。

症状

マロリー-ワイス症候群の最初の症状は、通常、嘔吐物中に鮮紅色の血液がみられることです。血液を嘔吐する症状は吐血といいます。嘔吐時に食道に裂傷が生じると、胸部の下側に鋭い痛みを感じる場合もあります。

診断

  • 上部消化管内視鏡検査

嘔吐後にその嘔吐物中に血液がみられる場合、マロリー-ワイス症候群が疑われます。出血量が少ない場合、出血が自然に止まることがあるため、医師は検査を先延ばしにすることがあります。

治療

  • 出血を止めるための処置

  • ときに手術

ほとんどの場合、出血は自然に止まりますが、ときに内視鏡検査を行い、止血のための措置を講じる必要がある場合もあります。処置としては、出血している血管を熱で焼灼する、クリップで締めつけて閉じる、薬を注入するなどがあります。

別の方法として、血管造影検査で観察しながら、出血している血管にバソプレシンやアドレナリンを注入して出血を止めることもあります。

まれに手術が必要になります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP