Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

食道がん

執筆者:

Elliot M. Livstone

, MD, Sarasota Memorial Hospital, Sarasota, FL

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース
  • 食道がんは、食道(のどと胃をつなぐ管)の壁の内側を覆っている細胞から発生します。

  • 特定の種類の食道がんでは、タバコの使用と飲酒、ヒトパピローマウイルス感染、特定の食道の病気が主要な危険因子です。

  • 典型的な症状としては、嚥下(えんげ)困難、体重減少、後に痛みがよくみられます。

  • 診断は内視鏡検査の結果に基づいて下されます。

  • 早期に発見されないかぎり、ほぼすべてのケースで死に至ります。

  • 手術、化学療法、他の様々な治療法が症状の緩和に役立ちます。

食道がんで最も一般的な種類は扁平上皮がんと腺がんで、食道粘膜の細胞から発生します。扁平上皮がんは、上部食道でよくみられます。腺がんは下部食道でよくみられます。これらのがんは、食道が狭くなったり(狭窄[きょうさく])、食道内に腫瘤(しゅりゅう)ができる、異常な平坦領域(斑[はん])ができる、食道と肺につながる気道との間に異常な通路(瘻[ろう])ができるといった形で現れることがあります。あまり一般的でない種類の食道がんには、平滑筋肉腫(食道の平滑筋にできるがん)や転移性のがん(別の部位から食道に転移したがん)などあります。

米国では、毎年16,910人が食道がんになり、食道がんにより15,690人が死亡すると推定されています。扁平上皮がんと腺がんのどちらも女性より男性に多くみられます。扁平上皮がんは黒人に、腺がんは白人に多くみられます。米国では、1970年代から、特に白人の男性を中心に腺がんの発症頻度が急激に増加しています。

危険因子

あらゆる種類のタバコの使用と飲酒は食道がんの主要な危険因子であり、腺がんよりも扁平上皮がんの発症と密接に関係しています。ヒトパピローマウイルス感染症の病歴がある人、頭頸部がんの病歴がある人、または食道付近の別のがんを治療するために食道への放射線療法を受けたことがある人は、食道がんの発生リスクが高くなります。

アカラシア食道ウェブ(プラマー-ビンソン症候群)のような食道の病気がある人、またはアルカリ液などの腐食性物質を飲んだことがあり食道が狭くなっている人も、食道の扁平上皮がんの発生リスクが高くなります。ほとんどの腺がんは、バレット食道と呼ばれる前がん状態がある人に発生します。バレット食道は、胃酸の逆流(胃食道逆流症)が繰り返すことで、食道が長期間にわたり刺激を受け続けることによって発生します。肥満の人は胃食道逆流症のリスクが高いため、腺がんのリスクが高くなります。

症状

早期の食道がんは見逃されることがあります。食道がんの最初の症状は通常、固形の食べものを飲み込みにくいことで、これは大きくなっていくがんによって食道が狭くなると起こります。数週間後に軟らかい食べもの、その後に水分や唾液が飲み込みにくくなります。体重減少がよくみられ、よく食べている場合でも起こります。胸痛が生じることがあり、痛みが背中まで突き抜けるように感じられます。

がんが進行するにつれて、一般的に様々な神経や、その他の組織や臓器に浸潤していきます。声帯を調節している神経を腫瘍が圧迫することがあり、それにより声がれが起こることがあります。周囲の神経が圧迫されると、脊椎の痛み、横隔膜の麻痺、しゃっくりが起きることがあります。食道がんは通常は肺や肝臓に転移し、肺に転移すると息切れが生じることがあり、肝臓に転移すると発熱と腹部の腫れが生じることがあります。骨に転移すると痛みが起こることがあります。脳に転移すると頭痛、錯乱、けいれん発作が起きることがあります。腸に転移すると嘔吐、血便、鉄欠乏性貧血が生じることがあります。腎臓に転移した場合は、症状が起こらないことがよくあります。

後期では、食道がんによって食道が完全に閉塞することがあります。飲み込むことがまったくできなくなるため、分泌物が口の中にたまり、非常に苦痛なことがあります。

診断

  • 内視鏡検査と生検

  • 食道造影

  • CT検査

  • 超音波検査

食道がんが疑われる場合、最も優れた診断方法は、内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を口から入れて食道の様子を観察する内視鏡検査です。内視鏡検査では、食道の組織サンプル(生検)や遊離した細胞(擦過[さっか]細胞診)を採取して、顕微鏡で調べることもできます。

食道造影と呼ばれるX線検査(X線画像に写るバリウム溶液を飲んで行う検査)でも、閉塞が分かります。胸部と腹部のCT検査や、食道に挿入した内視鏡で行う超音波検査(超音波検査を参照)は、がんの広がりをさらに評価するために行われることがあります。

予後(経過の見通し)

食道がんは通常は転移するまで診断されないため、死亡率の高い病気です。5年以上生存できる人は5%未満です。多くの人が最初の症状に気づいてから1年以内に死亡します。例外として、腺がんがまだ非常に浅い状態(表在性)で診断された場合があります。このような浅い状態のがんは、高周波で焼いたり(ラジオ波焼灼術[しょうしゃくじゅつ])内視鏡で切除することによって、ときに治癒することがあります。

食道がんはほとんどのケースで死に至るため、医師の主な目標は症状(特に患者やその愛する人にとって非常に恐ろしいものとなる痛み嚥下困難)のコントロールです。

治療

  • 手術による摘出

  • 放射線療法と併用した化学療法

  • 症状の緩和

手術で腫瘍を摘出すると、症状が軽減する期間が最も長くなりますが、食道がんは通常は手術をする前にすでに転移しているため、治癒することはほとんどありません。化学療法を放射線療法( がんの併用療法)と併用すると、症状が緩和し数カ月ほど延命できる可能性があります。ときに手術の前に放射線療法と化学療法の併用療法を行うことがあり、それにより生存率が上がる可能性があります。

その他の処置は症状の緩和を目的としたもので、特に嚥下困難に重点が置かれます。そのような処置には、食道の狭くなった部分を拡げてからステント(柔軟性のある網目状の金属でできた筒)を挿入することで食道が開いた状態を保ったり、レーザーでがんを焼灼して開き方を大きくしたり、放射線療法を用いて食道を閉塞しているがん組織を破壊したりする方法があります。

症状を緩和する別の方法として光線力学療法があり、光線力学療法では光に反応する造影剤が治療開始の48時間前に静脈内投与されます。造影剤はがんの周囲にある正常な食道組織の細胞よりもがん細胞にはるかに多く取り込まれます。内視鏡から食道にレーザー光を照射して造影剤が活性化されると、造影剤ががん細胞を破壊し、それにより食道が開きます。健康状態が悪いために手術に耐えられない人では、放射線療法や化学療法よりも光線力学療法の方が閉塞を起こしている病変を速やかに破壊することができます。

どの治療法も、十分な栄養補給を行うことで、より実行しやすく耐えやすくなります。飲み込むことができる場合は、濃縮した液体の栄養補助食品を摂取します。飲み込めない場合は、腹壁から胃にチューブを入れて留置し(胃瘻チューブ)、栄養をとる必要が生じることがあります。

死亡の可能性が高いため、食道がんの患者は必要な計画をすべて立てておく必要があります。どのようなケアを望んでいるのか(事前指示書を参照)や、終末期ケアの必要性について、医師とは何でも話し合っておく必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP