Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

消化不良

執筆者:

Norton J. Greenberger

, MD, Brigham and Women's Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

消化不良では、上腹部の痛みや不快感が生じます。その感覚は、ガスがたまった感じ、膨満感、差し込むようなまたは焼けつくような痛みと表現されることもあります。膨満感は、少量の食事後に発生したり(早期満腹感)、通常量の食事の後に過度に生じたり(食後の膨満感)することもあれば、食事に関連しないこともあります。重度の腹部不快感について詳しくは、 急性腹痛を参照してください。

消化不良は通常、漠然とした軽度の不快感であるため、長期にわたって発生する(または現れたり消えたりする)のでないかぎり、多くの人が診察を受けません。ときに、消化不良がより突然の顕著な(急性)感覚であることがあります。

消化不良の原因に応じて、食欲不振、吐き気、便秘、下痢、鼓腸、げっぷなど、他の症状がみられることもあります。食事により症状が悪化することがあります。食事により症状が軽減することもあります。

原因

「消化不良」という用語が一般に使用されていますが、消化不良の原因には、食べものの消化の問題が関与しないものが多くあります。

急性消化不良は、以下のものを摂取した直後に発生することがあります。

  • 大量の食事

  • アルコール

  • ある種の刺激性の薬(ビスホスホネート系薬剤、エリスロマイシン、鉄剤、非ステロイド系抗炎症薬[NSAID]など)

また、心臓発作や不安定狭心症(冠動脈虚血)の患者では、胸痛ではなく、消化不良のみを感じることがあります( 胸痛と背部痛)。

繰り返す消化不良では、以下の原因が一般的です。

アカラシアは、食道のリズミカルな収縮が著しく減少し、下部食道の筋肉が正常に弛緩しなくなる病気です。

胃内容排出の遅れは、食べものが異常に長い時間にわたり胃にとどまる状態です。この状態は、通常、消化管につながる神経に影響を与える病気(糖尿病、結合組織疾患、神経疾患など)により引き起こされます。

不安のみによって消化不良が生じることはありません。しかし、ときに不安があると、異常な感じや不快感についての心配が高まることによって消化不良が悪化することがあるため、軽度の不快感が大きな苦痛になります。

多くの場合、身体診察でも、観察用の柔軟な管状の機器による食道と胃の検査(上部消化管内視鏡検査)を行っても異常が認められません。このような場合、非潰瘍性の消化不良(機能性ディスペプシア)と呼ばれ、胃の感覚または腸の収縮に対する感受性が高まることによって症状が生じている可能性があります。

評価

消化不良が発生しても、必ずしも直ちに医師による評価が必要なわけではありません。以下では、どのようなときに医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

消化不良がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 消化不良の発生に伴う息切れ、発汗、心拍数の増加

  • 食欲不振

  • 吐き気または嘔吐

  • 体重減少

  • 血便

  • 嚥下(えんげ)困難や飲み込み時の痛み(嚥下痛)

  • プロトンポンプ阻害薬(PPI)などの薬による治療にもかかわらず消化不良が持続する場合

受診のタイミング

突然の消化不良が1回でも起こった場合、特にその症状に伴って息切れ、発汗、または心拍数の増加がみられる場合は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。そのような場合は、急性冠動脈虚血の可能性があります。運動すると現れ、休むと消失する慢性的な消化不良がある人は、狭心症の可能性があるため、数日中に医師の診察を受ける必要があります。

消化不良のある人で他の警戒すべき徴候が1つでもある場合は、数日中から1週間以内に医師の診察を受ける必要があります。消化不良が繰り返しても、警戒すべき徴候がみられなければ、頃合いを見て医師の診察を受ける必要はありますが、1週間程度の遅れは問題になりません。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、消化不良の原因と必要になる検査を推測することができます( 消化不良の主な原因と特徴)。

病歴聴取では、症状が突然発生したのか慢性的にみられるのかを含めて、症状についての詳しい説明をきくことに重点が置かれます。医師は、再発のタイミングと頻度、嚥下困難があるかどうか、食事、飲酒、またはある種の薬の服用後にのみ症状が発生するかどうかを知る必要があります。また、症状が悪化する要因(特に運動、特定の食べもの、アルコール)や症状が軽減される要因(特に食事や制酸薬の服用)についても知る必要があります。

医師は、食欲不振、吐き気、嘔吐、吐血、体重減少、血便、黒色便などの胃腸症状についても尋ねます。その他の症状には、息切れや発汗などがあります。

医師は、患者が消化管疾患や心疾患と診断されていないか、心臓の危険因子(高血圧高コレステロール血症[血液中のコレステロールが過剰に多い]など)がないか、以前に受けた検査の結果、以前に試みた治療について知る必要があります。

通常は身体診察で特定の診断の手がかりは得られません。それでも医師は、非常に青白い皮膚、筋肉や脂肪組織の萎縮(悪液質)、眼や皮膚が黄色くなる黄疸(おうだん)など、慢性疾患の徴候がないか調べます。また、直腸診を行って、出血があれば検出します。そうした異常な所見がみられる場合、医師は検査を勧めることがよくあります。

icon

消化不良の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

アカラシア(食道のリズミカルな収縮が著しく減少し、下部食道の筋肉が正常に弛緩しなくなる)

数カ月から数年かけて悪化する嚥下困難

ときに睡眠中に未消化の食べものを吐き出す(逆流

胸の不快感

少量の食事での満腹感(早期満腹感)、吐き気、嘔吐、腹部膨満、食事により悪化する症状

バリウムを経口投与してから行う上部消化管のX線検査(食道造影検査)

食道収縮時の圧力測定(食道内圧検査)

がん(食道がん胃がんなど)

慢性の漠然とした不快感

後に、食道がんによる嚥下困難や胃がんによる早期満腹感

体重減少

上部消化管内視鏡検査(内視鏡と呼ばれる観察用の柔軟な管状の機器を用いた食道、胃、十二指腸の検査)

腹部CT検査

冠動脈虚血(冠動脈への血流が不十分)

ときに運動時に症状が生じる場合にみられる

心疾患の危険因子(高血圧、糖尿病、コレステロール高値など)

血液検査

ときに負荷試験

薬(ビスホスホネート系薬剤、エリスロマイシン、他のマクロライド系抗菌薬、エストロゲン、鉄剤、非ステロイド系抗炎症薬[NSAID]、カリウムなど)

消化不良を引き起こす薬を服用している場合にみられる

薬を服用した直後に症状が発生

医師の診察

ときに液体と固形物の嚥下困難

胃食道逆流症(GERD)

胸やけやときに胃酸または胃内容の口腔内への逆流

ときに横になると症状が誘発される

制酸薬で緩和する

医師の診察

ときに、胃酸分泌を抑制する薬による治療を試す

ときに上部消化管内視鏡検査

食事の前に発生し、食事または制酸薬、ヒスタミンH2受容体拮抗薬、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用により部分的に軽減する灼熱痛またはさしこみ痛

夜に目覚めることがある

上部消化管内視鏡検査

胃内容の排出不良(胃不全麻痺)、通常は糖尿病、結合組織疾患、神経疾患など別の病気に起因

吐き気、腹痛、ときに嘔吐

早期満腹感

ときに原因疾患が確認されている場合にみられる

上部消化管内視鏡検査や胃内容排出を評価する核医学検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。特徴は原因間で重複しています。

CT = コンピュータ断層撮影

検査

以下の検査を行うことがあります。

  • 上部消化管内視鏡検査

  • 血液検査

患者が55歳以上の場合と55歳未満でも警戒すべき徴候がみられる場合は、がんのリスクがあるため、医師は一般に内視鏡(柔軟な管状の機器)を用いて食道と胃を検査します(上部消化管内視鏡検査)。55歳未満で消化不良以外の症状がみられない場合は、胃酸分泌抑制薬による治療がよく行われます。この治療がうまくいかない場合、医師は通常、内視鏡検査を行います。

急性冠動脈虚血の症状がみられる患者(特に危険因子がある場合)は、救急外来を受診して、心筋細胞の損傷がないか、心電図検査と血液検査などにより、直ちに評価を受ける必要があります。

慢性の非特異的な症状がみられる場合は、血液検査を受ける必要があります。血液検査の結果が異常であれば、医師は追加の検査(画像検査や内視鏡検査など)を考慮します。呼気試験や便のサンプルの検査でヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)感染のスクリーニングを推奨する医師もいます。

上部消化管内視鏡検査を受け、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を2~4週間にわたり服用した後に、まだ逆流の症状がある患者に対しては、食道内圧検査とpH(酸性度)検査が行われます。

ときに、検査で発見された異常(胃炎や胃食道逆流症など)が消化不良の原因ではないことがあります。医師は、その異常が消失しても消化不良の症状が残っている場合に初めてそれが分かります。

治療

消化不良に対しては、原因になっている基礎疾患を治療するのが最善の方法です。特定できる病気がない場合は、経過観察を続けて、安心を得るようにします。

特定の病気がないと考えられる場合、医師はしばしば胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬やヒスタミンH2受容体拮抗薬など)や胃の粘液量を増やすことで潰瘍に対処する薬(細胞保護剤)による治療を試みることがあります。その代わりに、消化管の筋肉の動きを促進する薬(消化管運動機能改善薬、メトクロプラミドやエリスロマイシンなど)を投与することがあります。患者によっては抗うつ薬を処方することもあります。

要点

  • 上腹部や胸部に重度の「ガス」による不快感がある場合、急性冠動脈虚血の可能性があります。

  • 警戒すべき徴候がみられる人と55歳以上の人には、内視鏡検査が必要です。

  • 警戒すべき徴候がなく、55歳未満であれば、胃酸分泌抑制薬による治療を受けます。

  • 2~4週間で症状が軽減しない場合は、さらなる評価が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP