Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ガス

執筆者:

Norton J. Greenberger

, MD, Brigham and Women's Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

正常な状態でもガスは消化器系内に存在し、これらは口から排出されたり(げっぷ)、肛門から排出されたり(放屁)します。

ガスが関連する症状には主に以下の3つがあります。

  • 過度のげっぷ(おくび)

  • 腹部膨満(膨隆)

  • 過度の放屁(口語では「おなら」)

げっぷは食事直後やストレスのあるときによく起こります。げっぷをする直前に胸や胃に圧迫感を感じて、ガスが出た後でこれらが和らぐ人もいます。

鼓腸の症状を訴える人は、正常な放屁の回数を誤解していることがよくあります。放屁の量と回数には大きな個人差があります。典型的には、放屁の回数は1日に約13~21回で、量は0.5~1.5リットルですが、これより多い場合も少ない場合もあります。このようなガスは臭いがあることもないこともあります。

放屁したガスは可燃性(含まれる水素やメタンガスによる)ですが、通常問題となることはありません。例えば、火の近くで作業していても危険ではありません。しかし、腸の手術や大腸内視鏡検査で手技前に腸内が完全に空になっていない状態で電気メスを用いた場合にガス爆発があったというまれな報告があります。

過去には、生後2~4カ月の乳児にみられる仙痛が過剰な腹部のガスによるものとされていました。今日では、このような乳児の腹部を検査しても過剰なガスは認められないことから、仙痛はガスと関係ないとほとんどの医師が考えています。仙痛の実際の原因は依然不明です。

原因

ガスの原因は、ガスに関連する症状に応じて異なります。

げっぷ

げっぷは以下によって生じます。

  • 空気嚥下(えんげ)

  • 炭酸飲料から生じたガス

正常な状態でも、食べたり飲んだりするときに少量の空気を飲み込みます。しかし、食事中や喫煙中や、ときに不安を感じたり神経質になったりしているときに、無意識のうちに大量の空気を繰り返し飲み込んでしまう場合(空気嚥下症)があります。胃食道逆流症、義歯の不適合、特定の薬、ガムの咀嚼(そしゃく)、原因を問わない吐き気により生じることのある、過剰な唾液分泌がある場合も、空気嚥下が増えます。

飲み込んだ空気の大部分は後でげっぷとして排出され、ごく少量の空気が胃からその先の消化器系に入ります。腸内に入った少量の空気は大半が血液中に吸収され、ごく少量の空気が放屁として排出されます。

放屁

放屁は、正常な状態で大腸内に存在する細菌により産生される、水素、メタン、二酸化炭素のガスによって起こります。そのような細菌は常に多少のガスを産生しますが、以下の場合は過剰なガスが発生することがあります。

  • 特定の食べものを摂取したとき

  • 消化管が食べものを適切に吸収できないとき(吸収不良症候群)

ガスの発生を増やす食べものには、消化しにくい炭水化物を含むもの(例えば、煮豆やキャベツなどの食物繊維)、特定の糖(フルクトースなど)または糖アルコール(ソルビトールなど)、脂肪などがあります。野菜や果物を大量に食べると、ほぼ誰でもある程度の鼓腸が起こります。

吸収不良症候群によってガスの産生が増加する可能性があります。ラクターゼ欠乏症などの炭水化物欠乏症(特定の糖を分解する酵素が欠乏している状態)がある場合は、その糖を含む食べものを摂取したときに大量のガスが発生する傾向があります。その他の吸収不良症候群(熱帯性スプルーセリアック病、膵機能不全など)の場合も、大量のガスが生じることがあります。

しかし、消化管に常在している細菌が単に多いか異なっている場合や消化管の筋肉の運動障害である場合もあります。そのような個人差が放屁の差の原因になっていることがあります。医師による評価を受ける前に放屁の回数を日記に記録しておくこともできます。

腹部膨満

腹部膨満または腹部の腫れ(膨隆)の感覚は、胃が空になりにくい病気(胃不全麻痺)や過敏性腸症候群などの消化器疾患、または卵巣がん結腸がんなどの他の身体の病気の患者にみられることがあります。抗コリン作用のある多くの薬は、胃が空になるのを遅らせ、腹部膨満を引き起こすことがあります。ときには、腹部と無関係な病気によって腹部膨満感が生じることがあります。例えば、心臓発作の唯一の症状が腹部膨満感やげっぷの強い切迫感という場合があります。しかし、多くの場合、腹部膨満感があっても、身体の病気はありません。

腹部膨満感に腸内ガスがどのように関わっているかは不明です。炭酸飲料を飲んだ人や空気を過剰に飲み込んだ人を除くと、ほとんどの場合腹部膨満感があっても消化器系に過剰なガスは存在しません。しかし、過敏性腸症候群の患者など、一部の人は正常な量のガスに対して特に感受性が高いことが研究で示されています。同様に、摂食障害(神経性やせ症や過食症)の患者は誤解していることが多く、腹部膨満などの症状に対して特にストレスを感じます。そのため、ガス関連症状がある場合の基本的な異常は、腸が極度に敏感なこと(腸の過敏性)であると考えられます。運動障害も症状の一因である可能性があります。

評価

ほとんどのガス関連症状は、直ちに医師の評価を受ける必要はありません。以下では、医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

ガスがみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 体重減少(意図しないもの)

  • 血便

  • 胸痛

受診のタイミング

胸部に膨満感がある場合(特に膨満感に伴って胸痛がある場合)、心疾患の徴候である可能性があるため、速やかに医師の診察を受ける必要があります。ガス関連症状があり、他の警戒すべき徴候、腹部の不快感、または下痢がある場合は、約1週間以内に医師の診察を受ける必要があります。これらの症状と徴候がみられなければ、頃合いを見て医師の診察を受ける必要はありますが、緊急ではありません。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、症状の原因と必要になる検査を推測することができます( ガスが関係する症状の主な原因と特徴)。

過度のげっぷがみられる場合、病歴聴取では空気嚥下の原因(特に食事の原因)の発見に重点が置かれます。過剰な放屁がみられる場合、医師は食事の原因を探し、吸収不良の症状(下痢や脂肪性の悪臭を放つ便など)がないかも調べます。

ガス関連症状がある場合、医師は症状と食事(食事の時間、食べものの種類と量)および排便との関係を知る必要があります。医師は、排便回数や便の色と硬さの変化について尋ねます。また、体重が減少したかどうかについても知る必要があります。

腹部膨満または放屁がみられる場合、身体診察では、基礎にある身体の病気(卵巣がんなど)の徴候を発見することに重点が置かれます。医師は、腹部と直腸の診察、および(女性患者の場合)内診を行います。

icon

ガスが関係する症状の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

げっぷ

空気嚥下

本人が空気を飲み込んだことに気づく場合も気づかない場合もある

ときに喫煙者または過剰にガムを噛む人にみられる

ときに食道逆流または不適合義歯がある人にみられる

医師の診察

炭酸飲料によるガス

通常は病歴に基づいて飲料摂取が明らか

医師の診察

腹部膨隆または腹部膨満

空気嚥下

上のげっぷを参照

医師の診察

排便に関連する腹痛とともに、排便回数、便の硬さ、またはその両方に変化がみられる

警戒すべき徴候はない

典型的に青年期および20代からみられる

医師の診察

便検査

血液検査

胃内容の排出不良(胃不全麻痺)、通常は糖尿病、結合組織疾患、神経疾患など別の病気に起因

吐き気、腹痛、ときに嘔吐

早期満腹感

ときに原因となる病気が確認されている場合にみられる

ときに抗コリン作用のある薬を服用している場合にみられる

上部消化管内視鏡検査や核医学検査による胃内容排出の評価

薬が原因として疑われる場合は、薬を中止し症状が消失するかどうか確認する

症状が長期にわたり、特に若年の女性にみられる

細身であるにもかかわらず、過剰な体重を非常に心配する人にみられる

医師の診察

慢性便秘

排便が困難で回数が少ないという長期の病歴

医師の診察

卵巣または大腸のがん(まれ)

中年または高齢者で、持続性の腹部膨満が新たに生じる

結腸がんの場合、ときに血便(血液が目に見えるか、または医師の診察で検出される)

卵巣がんが疑われる場合は、骨盤部の超音波検査

結腸がんが疑われる場合は、大腸内視鏡検査

放屁(鼓腸)

豆類、乳製品、野菜(タマネギ、セロリ、ニンジン、芽キャベツなど)、果物(干しブドウ、バナナ、アンズ、デーツ、リンゴジュース、梨ジュース、プルーンジュースなど)といった食べもの、フルクトースを含む食べもの(コーラ炭酸飲料、ハチミツ、ナッツ類など)、プルーン、ワッフルシロップ、メープルシロップ、複合炭水化物(プレッツェル、ベーグル、小麦胚芽など)

主にガスを発生する食べものを摂取したときに症状が現れる

医師の診察

疑われる食べものを食事から除外して、症状が消失するかどうかを確認する

乳製品を食べた後の腹部膨満、けいれん、下痢

食べものが未消化であることを示す水素を検出する呼気試験

便が明るい色で、柔らかく、大量で、異常な悪臭を放ち、また油っぽく見えることがある

筋力低下、食欲不振、下痢

しばしば小児期からみられる

セリアック病でグルテンを含む食べものを摂取したときに産生される抗体を測定する血液検査と小腸上部の生検

便が明るい色で、柔らかく、大量で、異常な悪臭を放ち、また油っぽく見えることがある

吐き気、食欲不振、下痢、腹部けいれん、体重減少

血液検査と小腸の生検

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

医師は通常、妊娠可能年齢のすべての女児と女性に対して尿妊娠検査を行います。

上部消化管内視鏡検査では、内視鏡と呼ばれる観察用の柔軟な管状の機器を用いて食道、胃、十二指腸(小腸の最初の部分)が調べられます。

検査

ガス関連症状があっても、医師が検査を行うことは通常ありませんが、特定の病気が疑われる症状が他にある場合は別です( ガスが関係する症状の主な原因と特徴)。例えば、下痢もみられる場合は、吸収不良症候群がないか確認する検査が必要になることがあります。持続的な腹部膨満や腹部膨隆が発生した中年または高齢者(特に過去に消化器系の症状がない場合)は例外です。このような場合、医師は卵巣や結腸のがんがないか確認する検査を行うことがあります。

治療

慢性の腹部膨満または放屁がみられる人に対して医師は、その異常が他の病気に起因したものではないこと、これらのガス関連症状が健康を害するものではないことを伝えて安心させます。

腹部膨満とげっぷは、通常は無意識の空気嚥下または正常なガスの量に対する感受性が高いことが原因であるため、軽減させることが困難です。主な問題がげっぷであれば、飲み込まれる空気の量を減らすことが役に立ちますが、通常は空気を飲み込んでいることに気がつかないため困難です。ガムを噛まないようにし、リラックスした雰囲気でゆっくり食事をすることも役立つことがあります。一部の人では炭酸飲料を避けることが助けになります。医師はさらに、横隔膜による口呼吸を練習することによって空気嚥下を最小限に抑えるとともに、関連する上部消化管の病気(消化性潰瘍など)があれば完全に治療するよう試みることも勧めることがあります。

放屁が過度に出る人は、その原因となる可能性が高い食べものを避ける必要があります。一般的には、一度に1つの食べものまたは1グループの食べものを除去するようにします。そのため、消化しにくい炭水化物を含む食べもの(豆類やキャベツなど)を除外することから始めて、ミルクと乳製品、新鮮な果物、ある種の野菜とその他の食品の順番で除外していきます。大腸通過を促進することを目的に、食物繊維(ふすま、オオバコ種子など)を食事に加えることができます。ただし、食物繊維の追加により症状が悪化することがあります。

薬物療法

薬ではあまり症状緩和は得られません。医師によっては、抗コリン薬(ベタネコールなど)とシメチコン(simethicone)(一部の制酸薬に含まれ、また単体でも利用可能)を試みることがあります。しかし、それらが有益であることを示す科学的根拠はほとんどありません。

放屁とその不快な匂いを減らすには、活性炭錠剤がときに役立つ場合があります。しかし、炭により口や衣服が汚れます。そのため炭入り下着が利用できます。プロバイオティクス(VSL#3など)は、善玉菌の増殖を促す体内に天然に存在する細菌で、正常な腸内細菌の増殖を促すことによって腹部膨満と鼓腸を軽減できることがあります。

消化不良および食後の上腹部膨満感がみられる場合は、制酸薬、低用量の抗うつ薬(ノルトリプチリンなど)、またはその両方が腸の過敏性の軽減に役立つことがあります。

要点

  • 主に他の症状により特定の病気が疑われる場合に検査が行われます。

  • 医師は、高齢者で持続性の腹部膨満症状が新たに生じていないか確認する必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP