Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

大腸の憩室症

執筆者:

Joel A. Baum

, MD, Icahn School of Medicine at Mount Sinai;


Rafael Antonio Ching Companioni

, MD, Icahn School of Medicine, Elmhurst Hospital Center

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

憩室の病気の定義も参照のこと。)

憩室(けいしつ)症は風船状の袋(憩室)が1つ以上ある状態で、通常は大腸(結腸)に起こります。

  • 腸の筋層のけいれんが憩室を引き起こすと考えられています。

  • 通常、憩室では症状はみられませんが、ときに炎症や出血が起こり、血便や下血が生じる場合もあります。

  • 診断は、一般に大腸内視鏡検査、下部消化管造影検査、CT検査、またはビデオカプセル内視鏡検査によって確定します。

  • 高繊維食や便のかさを増す物質が投与されますが、ときに出血が起こり、大腸内視鏡検査や手術さえも必要なことがあります。

憩室症とは

憩室症とは憩室と呼ばれる風船状の袋が大腸に多数できる状態で、大腸の最後の部分であるS状結腸に最も多くみられます。憩室の大きさは、大半で直径約2.5ミリメートル程度のものから2.5センチメートルを超えるものまで様々です。原因は不明ですが、非常に大きくなるものもあり、直径は最大約15センチメートルにも達します。

憩室症とは

結腸の憩室は、腸壁の中間にあって厚みのある筋層が弱くなった箇所に起こります。腸壁の内側の薄い層がその弱くなった部分から突き出て、小さな袋を形成します。憩室では通常、何の問題も生じませんが、ときに炎症や出血などが起こります。

憩室は大腸のどの部位にも起こりますが、直腸の直前で大腸の最後の部分にあたるS状結腸でよくみられます。大きさは、直径約2.5ミリメートル程度のものから2.5センチメートルを超えるものまで様々です。40歳未満ではまれですが、それ以降は急速に一般的になっていきます。80歳以上のほとんどで、多くの憩室がみられます。巨大な憩室はまれにしかみられませんが、直径が約4センチメートルを超えるものもあります。巨大な憩室が1つだけある人もいます。

原因

憩室は腸の筋層のけいれんに起因すると考えられています。この腸けいれんの原因は不明ですが、低繊維食または赤身肉の量が多い食事に関連している可能性があります。腸けいれんによって腸壁に圧力が加わることで、腸壁の弱い部分、通常は動脈が大腸の筋層を貫通している場所の付近が膨らみます。憩室症の患者では、S状結腸の筋層が厚くなっているのが一般的にみられます。巨大憩室の原因はよく分かっていません。

症状

憩室自体は危険なものではありません。実際に、ほとんどの憩室症の人では症状がみられません。しかし、憩室症では痛みを伴う原因不明のけいれんや排便障害がみられることがあります。

合併症

憩室症の合併症は、喫煙者、肥満の人、低繊維食の摂取者、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の使用者でより多くみられます。

最も一般的な合併症は以下のものです。

憩室炎は、憩室に炎症や感染が起こっている病態で、腹痛が生じ、炎症が起こっている憩室の周囲に膿がたまって膿瘍ができることがあります。憩室に穿孔(穴)が生じると、液体や細菌が腹部に漏れ出し、腹膜炎と呼ばれる非常に深刻な病態を引き起こします。

憩室から腸内に出血することもあります。出血に痛みは伴いませんが、量が多くなることがあり、結果として直腸より血液が排出される場合があります(消化管出血を参照)。ほとんどの場合、出血は自然に止まります。ただし、中には、出血を止めるために内視鏡を用いるか、手術をしなければならないことがあります。輸血が必要なほど出血が重篤になることもあります。

診断

  • 大腸内視鏡検査、ビデオカプセル内視鏡検査、またはCT検査

痛みを伴う原因不明のけいれん、排便障害、痛みを伴わない下血などの症状がみられる場合(特に高齢者で)、憩室症が疑われます。憩室症の診断は通常、観察用の柔軟な管状の機器を用いた大腸の検査(大腸内視鏡)か、ときに腹部CT検査によって確定します。重度の腹痛がある場合には、炎症を起こしている腸を破ることがないように、通常は腹部CT検査が選択されます。

便に血が混じっている場合、出血部位を特定するためには大腸内視鏡検査が通常は最善の方法です。ただし大量の出血がみられる場合には、出血部位を特定するために、放射線で標識した赤血球を静脈に注射して行う血管造影検査または核医学検査が必要になる場合もあります。

治療

  • 食事の変更

  • 出血の治療

症状を伴う憩室症の治療の目標は通常、腸けいれんの軽減で、そのためには野菜、果物、全粒穀物などの高繊維食を続け、水分を十分に摂取することが最善の方法です。大腸の内容物が増加するとけいれんが軽減し、その結果大腸壁にかかる圧力も低下します。高繊維食のみで効果が現れなければ、小麦ふすま(水に溶けず、体が消化できない)や膨張性下剤(オオバコやメチルセルロースなど)で食事の栄養強化を毎日行うことが役に立つ場合があります。

ほとんどの出血は治療をしなくとも止まりますが、止まらない場合は大腸内視鏡検査を行って出血部位を特定し、クリップや熱、レーザーを用いるか、または薬を注入して固めることで止血します(凝固)。代替として、止血のために血管造影が行われることもあります。血管造影では、出血がみられる憩室に至る動脈内にカテーテルを挿入し、塞栓するための物質またはバソプレシンという薬を注入して、出血部位への血流量を減少させます。出血が頻繁に再発する場合や出血している場所が特定できない場合は、まれに、大腸の一部または全部を切除する手術(結腸切除術と呼ばれる)が必要になることもあります。

巨大憩室は感染を起こして破裂する可能性が高いため、手術が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP