Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

死と死期に関する序

執筆者:

Elizabeth L. Cobbs

, MD, George Washington University;


Karen Blackstone

, MD, George Washington University;


Joanne Lynn

, MD, MA, MS, Altarum Institute

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

本質的に死は生の一部であるため、医療においては、死や死期を視野に入れつつ病気の見通しについて話し合うことが重要です。医師と患者は使う言葉も違えば、そうした話し合いに臨む気持ちにも違いがあります。

また、必要とする情報の量や意思決定に関与できる程度も、人によって様々です。一般に重病患者と周囲の親密な人々は、今後の病気の見通しを理解し、各自の家庭状況で特定の困難を抱えて生きていくための選択肢について把握する必要があります。

また、治療と家族のサポートに関する要望を周知しておくことも大切です。このような要望を記載した書類は事前指示書と呼ばれます。患者が家族や医療提供者と終末期のケアに関する要望について話し合っていなければ、本人が受けたくない治療(化学療法や手術など)を受けることになったり、望まない状況(病院や介護施設など)で最期を迎えたりすることになるかもしれません。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP