Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ホスピスケア

執筆者:

Elizabeth L. Cobbs

, MD, George Washington University;


Karen Blackstone

, MD, George Washington University;


Joanne Lynn

, MD, MA, MS, Altarum Institute

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
  • ホスピスプログラムでは、主に症状の軽減、緩和ケア、患者と家族に対する精神面のサポートを行います。

  • ホスピスプログラムでは診断検査や治癒を目的とした治療、あるいは延命に重点を置きません。

ホスピスとは、死が迫っている患者とその家族の苦痛を最小限にすることを主な目的とするケアのプログラムであり、またその概念を意味します。米国では、ホスピスは、居住場所で重病患者を支援するために広く利用されている唯一の総合的プログラムです。ホスピスプログラムは症状の軽減を優先し、診断検査や延命治療をほとんど行いません。また、死期を迎えた患者と家族に対し、適切なケアと緩和ケアについての指導が行われます。ホスピスプログラムは延命を重視しませんが、適切なホスピスケアによって、わずかながら余命が延びることがあります。これはおそらく、通常の治療では手術や積極的な薬物療法による重篤な副作用が起こることがありますが、ホスピスケアでは起こらないからです。

通常のホスピスケアでは、重症患者が思考や判断を行うことが難しくなった場合に、家族や親しい友人が患者の意思決定を手伝うことがあります。ホスピススタッフは必要なだけ、毎日でも患者を訪問し、24時間体制で準備している人もいます。ホスピススタッフは症状の管理を補助し、精神面やスピリチュアルな面でのサポートや実践的な医療を提供するための訓練を受けています。

ホスピスには常に、医師、看護師、ソーシャルワーカー、介護人(ホームヘルパーなど)、さらには必要に応じて、言語療法士、理学療法士、作業療法士といった多様な専門家が関与します。また、薬剤師、栄養士、あるいは他の療法士がかかわることもあります。

ホスピスプログラムのスタッフは、自宅や介護施設で患者のケアを行います。ホスピスプログラムのスタッフが病院やリハビリセンターでケアを行うことは通常はありませんが、多くの病院はケアプログラムを設け、ホスピスと同様の観点で全体的な症状の治療と意思決定の支援(緩和ケアサービス)を提供しています。

ホスピスプログラムによって、すぐに提供できるサービスや対応している治療、装置は異なります。どのホスピスケアが最適かは、対象となる患者とその家族の必要性や要望、経済的状況、地域のプログラムの受入れ能力などに左右されます。

ホスピスケアでは必要な治療をほとんど提供することができ、さらに医師が常駐します。通常は看護師が、薬物投与、酸素療法、点滴のチューブ(静注ライン)やその他の特殊器具などのケアの全般的な計画を監督します。また、ソーシャルワーカーや聖職者、訓練を受けたボランティアの人などが、対人的、経済的、スピリチュアルな問題に対処するための支援を行います。グリーフカウンセラー(死別カウンセラー)は悲嘆に沈む人をサポートし、新たな認識を促します。ホスピスケア計画では、愛する人の死期に直面し、死の到来に対処することへの心構えとして、患者の家族に自身の役割や必要な支援を得る方法などを伝えます。

ホスピスを必要とするほど重い病状の患者は、ほとんどの場合、日常活動(着衣、入浴、食事の準備など)に多少の介助が必要で、完全な依存状態の場合もあります。家族や友人がそうした世話をしていることが多く、ホスピスや家族が有償の訪問介護を依頼する場合もあります。

一般にホスピスサービスはメディケアや保険の支払い対象になりますが、通常は、患者の病気が末期であり、余命が6カ月未満であることを医師が証明する必要があります。ホスピスの診断に関係しない病態は、通常の医療保険でカバーされます。ホスピスケアは、例えば、健康状態が改善した場合や、基礎疾患に対する有望な治療を試したい場合などに、いつでも中止することができます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP