Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

中足部の骨折-脱臼(リスフラン関節損傷)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2019年 7月
本ページのリソース

リスフラン関節損傷(Lisfranc injury)は,1つまたは複数の足根中足関節を破綻させた中足部の骨折および/または脱臼である。診断はX線としばしばCTによる。治療としては,整形外科医への紹介が必要であり,通常は観血的整復内固定術またはときに中足部の固定術を行う。

骨折の概要も参照のこと。)

リスフラン関節損傷はよくみられる損傷である。通常の受傷機転は,底屈状態の足に直接的な打撃または間接的なねじれ力が加わったことによるものであり(例,底屈状態の足から落ちる転倒),アメリカンフットボール選手,バイクに乗る人,乗馬をする人などでみられる。

リスフラン関節複合体は,前足部と中足部をつなぐ5つの足根中足関節から成る。この複合体には複数の靱帯がある。リスフラン靱帯自体は,第2中足骨基部と第1楔状骨をつなぐ靱帯である。リスフラン複合体の損傷の重症度は,筋挫傷から骨折を伴うまたは伴わない1つ以上の足根中足関節の脱臼まで様々である。骨折が起こる場合,第2中足骨に生じることが多い(足根中足骨関節脱臼を伴う第2中足骨基部骨折の図を参照)。リスフラン関節損傷はしばしば中足部の不安定性を引き起こす。

足根中足骨関節脱臼を伴う第2中足骨基部骨折

第2中足骨基部骨折では,1つまたは複数の足根中足関節が破綻する可能性がある。この図では,第2中足骨骨折により第3~5中足骨が外側に転位している。

足根中足骨関節脱臼を伴う第2中足骨基部骨折

症状と徴候

リスフラン関節損傷の重症度は非常に多様である。中足部における軽度の腫脹および疼痛のみを引き起こす損傷もあれば,中足部の底部における重度の軟部組織の疼痛および腫脹,変形,血腫,ならびにときに錯感覚を引き起こすものもある。足が短縮したように見える場合がある。

合併症(例,変形性関節症コンパートメント症候群)は重篤なものである場合があり,慢性障害が多い。

診断

  • X線

  • ときにCT

足のX線前後像,側面像,および斜位像を撮影するが,所見が微かで誤診につながる場合がある。この骨折の最大20%が初診時に見逃される。

X線では,第2中足骨基部骨折または楔状骨の剥離骨折は描出できるが,足根中足関節の破綻が描出されないことがあり,単純X線で認められなくてもこれを疑うべきである。この関節では,正常では第2楔状骨の内側面が第2中足骨の内側面と直接並ぶ。関節の破綻を同定するために,比較のための像またはCTが必要となる場合がある。

パール&ピットフォール

  • 中足部に極度の腫脹と圧痛がある場合,X線を綿密に調べて,第2楔状骨の内側面が第2中足骨の内側面と直接並んでいるかを判定する。

CTが容易に利用できない場合は,ストレスX線を用いてよい。足にストレスをかけている(例,患者が足で立っている)間にX線撮影を行う。患者の体重が第1中足骨と第2中足骨の間隔を広げ,診断がより容易になる。しかし,ストレスX線よりもCTの方が感度が高いため,紛らわしい例ではCTが望ましい。

治療

  • 整形外科医のコンサルテーション

  • 通常は観血的整復内固定術(ORIF),またはときに中足部の固定術

脱臼はしばしば自然に整復する。しかしながら,この損傷は通常足の機能を妨げ,残存する疼痛および関節炎を引き起こすため,患者を直ちに整形外科専門医に紹介すべきである(通常は手術のため)。典型的には,根治的治療はORIFまたは中足部の固定術である。

ORIFの後に,通常はCTを施行して正しいアライメントを確認する。

手術が不要と考えられる場合,6週間以上にわたり患者を不動状態(最終的にはギプスによる)として荷重負荷をかけないようにする。

要点

  • リスフラン関節損傷(脱臼骨折)では,中足部を安定化する1つまたは複数の靱帯が破綻し,ときに1つまたは複数の足根中足関節が離断する。

  • 合併症(例,コンパートメント症候群,慢性疼痛,障害)が重篤となる可能性がある。

  • X線所見が微かなため,ストレスX線またはCTが必要となる場合がある。

  • 患者を整形外科医に紹介する;通常はORIFまたは中足部の固定術が必要である。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP