Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

呼吸不全の概要

執筆者:

Jesse B. Hall

, MD, University of Chicago School of Medicine;


Pamela J. McShane

, MD, University of Chicago

最終査読/改訂年月 2013年 11月

呼吸不全は,酸素化,CO2排出,またはその両方の障害であり,生命を脅かす病態である。呼吸不全の原因は,ガス交換の障害,換気の減少,またはその両方がありうる。一般的な症候には呼吸困難,呼吸補助筋の使用,頻呼吸,頻脈,発汗,チアノーゼ,意識変容などがあり,無治療の場合最終的には意識障害,呼吸停止,および死に至る。診断は臨床的に行われるが,動脈血ガスおよび胸部X線が補助的に用いられる。通常,治療はICUで行い,基礎となる原因の治療,酸素投与,分泌物の管理,および必要な場合には換気補助を行う。

呼吸器系は,静脈血を酸素化し,静脈血からCO2を除去する。したがって,主な異常が酸素化障害であるか,CO2除去障害(換気不十分を意味する)であるかによって呼吸不全を分類するのが有用であるが,多くの疾患では両方に異常がある。姑息的手段も存在するものの,呼吸不全は機械的人工換気をしばしば必要とする。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP