Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

骨軟骨症の概要

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Hannover, Germany

最終査読/改訂年月 2019年 3月

骨軟骨症は,様々な箇所の骨化中心における非炎症性,非感染性の骨成長の障害である。このような障害は成長が最も活発な時期に発生し骨端を侵す。

骨軟骨症の病因は通常不明である;一部の疾患には家族性の要素がみられるものもあるが,遺伝形式は複雑である。骨軟骨症は解剖学的分布,経過,予後の点で多様である;典型的には疼痛を起こし,整形外科的に重大な影響がある。一般的な例としては以下のものがある:

まれな骨軟骨症と侵される骨としては,フライバーグ病の第2中足骨頭,Panner病の上腕骨小頭,ブロント病の脛骨近位部などがある。シーバー病(踵骨骨端症)は比較的よくみられる骨軟骨症である。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP