Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

細菌性腟症(BV)

執筆者:

David E. Soper

, MD, Medical University of South Carolina

最終査読/改訂年月 2015年 1月
本ページのリソース

細菌性腟症は,乳酸桿菌が減少し,嫌気性病原体が過剰増殖する腟内細菌叢の複雑な変化による腟炎である。症状は,灰色で粘稠度が低く,魚のような臭いのある帯下と腟のそう痒である。診断は腟分泌物の検査により確定される。治療は通常,経口または外用メトロニダゾールもしくは外用クリンダマイシンによる。

細菌性腟症は最も頻度の高い感染性腟炎である。原因は不明である。過剰増殖する嫌気性病原体として,Prevotella属,Peptostreptococcus属,Gardnerella vaginalisMobiluncus 属,およびMycoplasma hominisなどがあり,これらは濃度にして10~100倍増加し,正常時に防御的に働く乳酸桿菌に取って代わる。

危険因子には,性感染症に関するものが含まれる( 性感染症の概要)。女性と性交渉をもつ女性では,セックスパートナーの数が増えるにつれてリスクが高まる。しかしながら,細菌性腟症は処女で起こることがあり,さらに性的に活動的な異性愛の女性では,男性のセックスパートナーを治療してもその後の発生率に影響しないようである。子宮内避妊器具の使用も危険因子である。

細菌性腟症は,骨盤内炎症性疾患,流産後と分娩後の子宮内膜炎,子宮摘出後の腟断端感染,絨毛膜羊膜炎,前期破水,および切迫早産のリスクを高めると考えられる。

症状と徴候

腟分泌物は悪臭を伴い,灰色で粘稠度が低い。通常,魚のような臭いがあり,性交や月経後に分泌物のアルカリ性が増すと,その臭いはしばしば強くなる。そう痒および刺激症状がよくみられる。発赤および浮腫はあまりみられない。

診断

  • 臨床基準

  • 腟pHおよびウェットマウント

診断のためには,次の4つの基準のうち3つを必要とする:

  • 灰色の分泌物

  • 腟分泌物のpH > 4.5

  • 臭気テストで魚のような臭い

  • クルー細胞

クルー細胞(細菌が上皮細胞に付着し,ときに細胞の辺縁をぼやけさせている)は,生理食塩水によるウェットマウントの顕微鏡検査により同定される。生理食塩水によるウェットマウント標本に白血球を認めれば,同時感染(おそらくはトリコモナス,淋菌感染症またはクラミジア頸管炎)が起こり,さらなる検査が必要であることが示唆される。

治療

  • メトロニダゾールまたはクリンダマイシン

(Centers for Disease Control and Preventionの診療ガイドライン,Sexually transmitted diseases characterized by vaginal dischargeも参照のこと。)

以下の治療が同様に効果的である:

  • メトロニダゾール0.75%腟用ゲル,1日2回,5日間

  • 2%クリンダマイシン腟クリーム,1日1回,7日間

  • 経口メトロニダゾール500mg,1日2回,7日間または2g,1回

妊娠していない女性では,経口メトロニダゾール(500mg,1日2回,7日間)が選択すべき治療であるが,経口薬は全身作用をもたらす可能性があるため,妊婦では外用薬の方が望ましい。クリンダマイシンクリームを使用する女性は,避妊用のラテックス製品(すなわち,コンドームやペッサリー)を使用できないが,それは薬剤がラテックスを弱めるためである。

無症状のセックスパートナーを治療する必要はない。

妊娠第1トリメスター中の腟炎に関しては,メトロニダゾール腟用ゲルを使用すべきであるが,妊娠中の治療による妊娠合併症リスクの低下は示されていない。子宮内膜炎を防ぐため,医師は人工中絶前に,全患者または細菌性腟症の検査が陽性である患者に対してのみ,予防的に経口メトロニダゾールを投与することがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP