Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

妊娠中の喘息

執筆者:

Lara A. Friel

, MD, PhD, University of Texas Health Medical School at Houston, McGovern Medical School

最終査読/改訂年月 2020年 4月

妊娠が喘息に及ぼす影響は様々である;改善よりも悪化することがわずかに多いが,ほとんどの妊婦は重度の発作を起こすことがない。

喘息が妊娠に及ぼす影響も様々であるが,重症でコントロール不良の喘息は以下のリスクを増大させる:

また,帝王切開が必要となることがより多い。

治療

  • 吸入気管支拡張薬およびコルチコステロイド

  • 急性増悪に対しては,メチルプレドニゾロン静注を加え,次に経口プレドニゾン

通常,妊娠により喘息の治療は変更しない(Asthma Outcomes and Management During Pregnancyも参照)。女性には,どのように誘因への曝露を最小限にするか,肺機能を連続的に測定するか(通常携帯型のピークフローメーターを用いる)を含め,喘息管理に役立つ方法を指導する。

吸入気管支拡張薬およびコルチコステロイドは,妊婦における喘息の第1選択の維持療法である。吸入コルチコステロイドとしてはブデソニドが望ましい。得られているデータによると,吸入ブデソニドはヒトの先天奇形のリスクを上昇させないようである。テオフィリンは,もはや妊娠中にルーチンに推奨されない。

急性増悪に対しては,気管支拡張薬に加え,メチルプレドニゾロン(60mg,静注,6時間毎,24~48時間)を投与し,続いて経口プレドニゾンを用量を漸減させながら投与することがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP