Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

せつとよう

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2013年 5月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

せつ(おでき)は,ブドウ球菌感染により生じる皮膚膿瘍であり,毛包とその周囲の組織を侵す。ようは複数のせつが皮下でつながってできる病変であり,せつよりも化膿が深く,瘢痕化を来す。ようは皮下膿瘍( 皮膚膿瘍)よりは小さく浅在性である。診断は病変の外観による。治療は温罨法としばしばブドウ球菌に有効な抗菌薬の内服である。

せつ,ようともに健康な若年者に発症することがあるが,肥満者,易感染性患者(好中球機能異常のある患者を含む),高齢者のほか,おそらくは糖尿病患者でより多く生じる。比較的衛生状態の悪い過密地区に住む人々や,強毒株に感染した患者と接触した人々の間で集団発生が生じることがある。素因として,皮膚または鼻腔内での細菌の定着,高温多湿の気候,毛包の閉塞または解剖学的異常(例,ざ瘡における面皰)などがある。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)(MRSA)が頻度の高い原因の1つである。

せつは頸部,乳房,顔面,および殿部に好発する。せつは,皮膚と下部構造が密着している部位(例,鼻,耳,手指)に生じると不快となり,疼痛を伴うこともある。外観は結節または膿疱であり,壊死組織および血性の膿汁を排出する。ようは発熱および極度の疲労を伴うことがある。

診断

診断は診察による。培養検体を採取すべきである。

治療

  • 排膿

  • しばしば,MRSAに効果的な抗菌薬

膿瘍は切開排膿する。排膿を促すため,間欠的に温罨法を行う。抗菌薬を使用する場合は,培養および感受性試験の結果が出るまで,MRSAに効果的なものを使用すべきである。発熱のない患者では,5mm未満の単一病変の治療に抗菌薬は不要である。5mm以上の単一病変では,経口抗菌薬を5~10日投与する;その選択肢としては,トリメトプリム/スルファメトキサゾール(TMP/SMX)160/800mg~320/1600mg,1日2回,クリンダマイシン300~600mg,6~8時間毎,ドキシサイクリンまたはミノサイクリン100mg,12時間毎などがある。発熱,多発性膿瘍,またはようのある患者では,TMP/SMX 160/800mg~320/1600mg,1日2回とリファンピシン300mg,1日2回を併用で10日間投与する。次の場合にも抗菌薬の全身投与が必要である:

  • 排膿で消失しない5mm未満の病変

  • 蜂窩織炎の拡大を示唆する所見

  • 易感染性患者

  • 心内膜炎のリスクがある患者

せつはしばしば再発するが,イソプロピルアルコールに溶解したグルコン酸クロルヘキシジンまたは2~3%クロロキシレノールを含有する液体石鹸を使用するか,抗菌薬を維持量で1~2カ月投与することで予防できる。再発性のせつ腫症の患者では,肥満,糖尿病,誘発因子に対する職業的または産業的曝露,黄色ブドウ球菌(S. aureus)の鼻腔内保菌やMRSAの定着など,素因に対する治療を行うべきである。

要点

  • 毛包に結節または膿疱がみられ,壊死組織と血性の膿汁が排出されている場合,特に頸部,乳房,顔面,または殿部の場合には,せつを疑う。

  • せつおよびようの検体で培養を行う。

  • 病変の排膿を行う。

  • 易感染性患者または心内膜炎のリスクのある患者,もしくは病変が5mm超または拡大している患者では,MRSAに効果的な抗菌薬を処方する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP