Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

皮膚疾患の診断検査

執筆者:

Elizabeth H. Page

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2016年 6月
本ページのリソース

皮膚科患者の評価も参照のこと。)

診断検査は,病歴や身体診察のみで皮膚病変または皮膚疾患の原因が明らかでない場合に適応となる。具体的には以下のものがある:

  • 生検

  • 擦過

  • ウッド灯による診察

  • ツァンク試験

  • 硝子圧法

生検

皮膚生検にはいくつかの種類がある:

  • パンチ生検

  • shave biopsy

  • 切除生検

パンチ生検では,筒状のパンチ(通常は直径4mm)を真皮深層または皮下組織まで挿入してから標本をくり抜き,その基部で切断する。より表在性の病変であれば,メスやカミソリで組織を削り取って生検することができる(shave biopsy)。出血には塩化アルミニウム溶液または電気乾固で対処し,大きな切開は縫合して閉鎖する。大きな生検や深部の生検は,メスで皮膚を楔状に切除して行うことができる。色素性病変は,組織学的に深さを評価するために,しばしば切除され,切除が浅すぎると確定診断ができないことがある。小さな腫瘍の大半では,辺縁に正常皮膚を少し含めて完全に切除することにより,診断と治療を同時に行える場合が多い。

擦過

真菌感染症および疥癬の診断には皮膚擦過物が有用である。真菌感染症の場合は,病変の辺縁から鱗屑を採取して,顕微鏡のスライドガラスに載せる。次に10~20%水酸化カリウム溶液を1滴添加する。菌糸,発芽酵母,またはその両方を認めれば, 白癬またはカンジダ症の診断が確定する。疥癬では,疥癬トンネルが疑われる部位から擦過検体を採取し,鉱物油を加えて直接カバーガラスをかけてから観察し,ダニの虫体,糞,または虫卵を認めれば,診断確定となる。

ウッド灯

病変の範囲(例,切除前の色素性病変の境界)を診断するのにウッド灯(ブラックライト)が役立つことがある。また,色素減少を色素脱失と鑑別する上でも役立つことがある(白斑の色素脱失はアイボリーホワイトの蛍光を発するが,色素減少病変はそのような蛍光を発しない)。紅色陰癬は特徴的な強い赤橙色の蛍光を発する。Microsporum canisおよびM. audouiniiによる頭部白癬は,淡く明るい緑色の蛍光を発する。(注:米国でみられる頭部白癬の大部分はTrichophyton属真菌によるもので,その場合は蛍光を発しない。緑色の蛍光がPseudomonas属細菌による皮膚感染症(例,熱傷)の最初の手がかりとなることがある。

ツァンク試験

ツァンク試験は,単純ヘルペス帯状疱疹などのウイルス性疾患の診断に用いることができ,破れていない活動性の小水疱がある場合に行われる。ツァンク試験で単純ヘルペスと帯状疱疹を鑑別することはできない。検査に望ましい病変は破れていない水疱である。水疱蓋を鋭利な刃で切除し,その水疱底を15番のメス刃で擦過して採取する。擦過検体をスライドに移し,ライトまたはギムザ染色により染色する。多核巨細胞はヘルペス感染の徴候である。

硝子圧法

硝子圧法は,病変内の紅斑が表在血管内の血液によるもの(炎症性または血管性病変)か,出血によるもの(点状出血または紫斑)かを判断するために用いられる。顕微鏡のスライドガラスを病変に押しつけて(硝子圧法),退色するかどうかを確認する。出血性病変は退色しないが,炎症性および血管性病変は退色する。硝子圧法はサルコイド皮膚病変の同定に役立つこともあり,その場合は病変がリンゴゼリー色に変化する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP