Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

鼠咬症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University;


Maria T. Perez

, MD, Wellington Regional Medical Center, West Palm Beach

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

鼠咬症は Streptobacillus moniliformisまたはSpirillum minusによって引き起こされる。レンサ桿菌型の症状としては,発熱,発疹,関節痛などがある。らせん菌型は回帰性の発熱,発疹,および所属リンパ節炎を引き起こす。診断は臨床的に行い,培養およびときに抗体価の上昇により確定する。治療はペニシリンまたはドキシサイクリンによる。

ネズミ咬傷の最大10%で鼠咬症の感染が発生する。しかしながら,ネズミ咬傷の既往がない場合もある。鼠咬症は,ネズミ咬傷が原因である場合が最も多いが,全ての齧歯類または齧歯類を捕食する肉食動物の咬傷によっても起こりうる。レンサ桿菌型とらせん菌型はどちらも,人口が密集した都市部の住民と生物医学実験室の職員が主な感染者である。鼠咬症の起因菌は,米国および欧州では通常Streptobacillus moniliformisであり,アジアでは通常Spirillum minus(スピロヘータの一種)である。

レンサ桿菌型の鼠咬症

レンサ桿菌型の鼠咬症は,健康なネズミの口腔咽頭に生息する多形性グラム陰性桿菌であるS. moniliformisによって引き起こされる。大流行にはS. moniliformisで汚染された無殺菌牛乳の摂取が関連しているが(ハーバーヒル熱),感染は通常,野生の大型または小型ネズミによる咬傷の結果として生じる。その他の齧歯類やイタチの関与も報告されている。

咬傷による創傷自体は通常すぐに治癒するが,1~22日(通常は10日未満)の潜伏期に続いて,ウイルス感染症様の症候群で突然発症し,悪寒,発熱,嘔吐,頭痛,背部痛,および関節痛を引き起こす。ほとんどの患者では,およそ3日後に麻疹様の点状出血性または小水疱性の発疹が手足に出現する。多くの患者では多関節痛または関節炎(通常は非対称性に大関節を侵す)が1週間以内に発生し,無治療では数日から数カ月続くことがある。発熱を数週間から数カ月にわたって不規則に繰り返すことがある。

細菌性心内膜炎および脳またはその他の組織の膿瘍は,まれであるが重篤である。一部の患者では心嚢液や羊水への感染がみられる。

ハーバーヒル熱(流行性関節炎性紅斑)は経皮的に感染した鼠咬症に類似するが,咽頭炎および嘔吐がより顕著となる。

レンサ桿菌型の鼠咬症の診断は,血液または関節液からの起因菌の培養により確定される。測定可能な凝集素が第2週から第3週に発現し,その力価が上昇すれば診断上重要な所見となる。PCR法または酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)は有用と思われる。白血球数は6000~30,000/μLである。非トレポネーマ梅毒血清試験(Venereal Disease Research Laboratory[VDRL]または迅速血漿レアギン試験[RPR])は偽陽性となることがある。通常,レンサ桿菌型はらせん菌型と臨床的に鑑別可能である。

レンサ桿菌型の鼠咬症の治療では,以下のいずれかを7~10日間投与する:

  • アモキシシリン1g,経口,8時間毎

  • ベンジルペニシリンプロカイン,60万単位,筋注,12時間毎

  • ペニシリンV,500mg,経口,1日4回

ペニシリンアレルギーのある患者には,エリスロマイシン500mg,経口,1日4回を使用してもよい。ドキシサイクリン100mg,12時間毎,14日間が代替薬である。

S. moniliformisによる心内膜炎のある患者には,高用量のベンジルペニシリンに加え,ストレプトマイシンまたはゲンタマイシンが必要である。

無治療の場合,鼠咬症の致命率は約10%である。

らせん菌型の鼠咬症(鼠毒)

S. minusへの感染は,大型ネズミまたはときに小型ネズミによる咬傷を介して起こる。菌の摂取では発症に至らない。咬傷自体は通常すぐに治癒するが,4~28日(通常10日を超える)後に咬傷部で炎症が再燃し,回帰性の発熱および所属リンパ節炎を併発する。ときにばら疹蕁麻疹様の発疹が出現するが,レンサ桿菌型での発疹ほどは著明とならない。全身症状としては一般的に発熱がみられるが,関節炎はまれである。無治療では,2~4日周期の発熱を通常4~8週間繰り返すが,1年を超える発熱の反復はまれである。

らせん菌型の鼠咬症の診断は,以下に基づく:

  • 血液塗抹標本または病変部もしくはリンパ節から採取した組織でのSpirillum属細菌の直接観察または培養

  • 菌を接種したマウスの血液検体のギムザ染色または暗視野鏡検

S. minusは人工培地では培養されないため,直接観察する必要がある。白血球数は5000~30,000/μLである。

VDRL試験では,半数の患者が偽陽性となる。この疾患は,回帰性の発熱を特徴とするマラリアやBorrelia recurrentis感染症と混同されやすい。

らせん菌型の鼠咬症の治療はレンサ桿菌型と同じである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP