Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

グラム陰性桿菌に関する序論

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University;


Maria T. Perez

, MD, Wellington Regional Medical Center, West Palm Beach

最終査読/改訂年月 2016年 5月

グラム陰性桿菌は数多くの感染症の原因となる。一部は共生微生物で腸内常在菌叢中に存在する。これらの共生微生物に加えて,動物または環境病原巣に存在する他の微生物が疾患を引き起こす場合もある。

尿路感染症,下痢,腹膜炎,および血流感染症は,一般的にグラム陰性桿菌によって引き起こされる。

グラム陰性細菌は,ペストコレラ,および腸チフスを引き起こす。これらの感染症は米国ではまれとなっているが,貧困または戦争のある地域や,衛生環境が不良あるいは安全な水と食糧の確保が難しい地域では,より一般的にみられる。これらの感染症は重篤となる可能性がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP