Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

クラミジア

執筆者:

Margaret R. Hammerschlag

, MD, State University of New York Downstate Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 3月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

Chlamydia属細菌のうち3菌種がヒト疾患を引き起こし,具体的には性感染症および呼吸器感染症などを呈する。その大半はマクロライド系(例,アジスロマイシン),テトラサイクリン系(例,ドキシサイクリン),およびフルオロキノロン系薬剤に感受性を示す。

クラミジアは非運動性の偏性細胞内寄生細菌である。DNA,RNA,およびリボソームをもち,タンパク質や核酸を自ら合成する。しかし,4種類のヌクレオシド三リン酸のうち3種類を宿主細胞に依存しており,クラミジアタンパク質の合成に宿主のアデノシン三リン酸(ATP)を利用する。

Chlamydia属には9つの菌種があり,そのうち次の3菌種がヒト疾患を引き起こす:

  • Chlamydia trachomatis

  • 肺炎クラミジア(Chlamydia pneumoniae

  • Chlamydia psittaci

クラミジアは持続感染を引き起こす可能性があるが,その多くは不顕性である。

C. trachomatis

C. trachomatisは免疫学的に定義された18種類の血清型に分類される:

米国において,C. trachomatisは以下のようなSTDの最も頻度の高い原因細菌である:

菌は成人(通常は男性と性交する男性[men who have sex with men:MSM])の直腸および咽喉から分離することができる。L2株による直腸感染は,HIV陽性のMSMにおける急性炎症性腸疾患と類似した重症の直腸結腸炎を引き起こすことがある。

肺炎クラミジア(C. pneumoniae

肺炎クラミジア(C. pneumoniae)は,肺炎マイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae)による肺炎と臨床的には鑑別できない肺炎を引き起こすことがある(特に小児および若年成人)。肺炎クラミジア(C. pneumoniae)感染患者の一部では,肺炎,嗄声,および咽頭痛に続いて咳嗽がみられ,咳嗽が遷延して気管支攣縮を併発することもある。

市中肺炎 市中肺炎 市中肺炎(Community-acquired pneumonia)は,病院の外で獲得した肺炎と定義されている。同定される頻度が最も高い病原体は,肺炎球菌(Streptococcus pneumoniae),インフルエンザ菌(Haemophilus influenzae),非定型細菌(すなわち,肺炎クラミジア[Chlamydia... さらに読む 市中肺炎 症例の6~19%は肺炎クラミジア(C. pneumoniae)が原因である;肺炎クラミジア(C. pneumoniae)肺炎のアウトブレイクは閉鎖環境下(例,介護施設,学校,軍事施設,刑務所)にいる人々にとって特に大きなリスクとなる。発生の季節変動は観察されていない。

肺炎クラミジア(C. pneumoniae)はまた反応性気道疾患に対する感染性の誘発因子であることが示唆されている。

C. psittaci

C. psittaciはオウム病を引き起こす。ヒト疾患を引き起こす菌株は通常,オウムをはじめとするオウム類から感染し,肺炎を特徴とする播種性疾患を引き起こす。これまでに,家禽処理施設で七面鳥やアヒルを取り扱う作業者の間でアウトブレイクが複数回発生している。

診断

  • 核酸検査

C. trachomatisは,性器から採取した検体の核酸増幅検査(NAAT)で最も確実に同定されるが,その理由はこれらの検査の方が細胞培養よりも高感度で,検体操作の条件が厳格ではないためである。現在,6つのNAATが成人および青年の性器および尿から採取した検体の検査としてFDAの承認を受けている。性器感染に対するNAATは,患者や医師が採取する尿検体や腟スワブ検体など非侵襲的に採取した検体を用いて実施することが可能である。これらのNAATは性器外の感染症(例,直腸または咽頭の感染症)に対しては承認されていないが,性器外の部位でもC. trachomatisを検出することが可能であり,検査室でその部位での使用に対する内部妥当性確認を行うことができる(1 診断に関する参考文献 Chlamydia属細菌のうち3菌種がヒト疾患を引き起こし,具体的には性感染症および呼吸器感染症などを呈する。その大半はマクロライド系(例,アジスロマイシン),テトラサイクリン系(例,ドキシサイクリン),およびフルオロキノロン系薬剤に感受性を示す。 クラミジアは非運動性の偏性細胞内寄生細菌である。DNA,RNA,およびリボソームをもち,タ... さらに読む )。

血清学的検査は,鼠径リンパ肉芽腫やオウム病の診断を除いて,有用性は限られている。

肺炎クラミジア(C. pneumoniae)は気道検体の培養またはNAAT検査により診断する。FDAの承認を得た肺炎クラミジア(C. pneumoniae)に対するNAATは2つあり,複数の呼吸器病原体を同時に検査するパネルの一部として利用可能である。

C. psittaci感染症の診断における最も重要な手がかりは,鳥類(典型的にはオウムまたはインコ)との濃厚接触である。診断は血清学的検査により確定される。培養は一般に利用できない。FDAの承認を得たC. psittaciのNAATはない。

スクリーニング

クラミジアの性器感染は頻度が高く,一方で無症状のことや軽度ないし非特異的な症状しか引き起こさないことが多い(特に女性の場合)ため,STDのリスクが高い無症状の個人を対象としたルーチンのスクリーニングがCDCによって推奨されている( 2015 Sexually Transmitted Diseases Treatment Guidelinesを参照)。

以下に該当する個人にはスクリーニングを行うべきである。

妊娠していない女性(女性と性交する女性を含む)には,以下に該当する場合,年1回のスクリーニングを実施する

  • 性的に活動的で25歳未満である

  • STDの既往がある

  • 高リスクの性行動をとっている(例,新たなセックスパートナーまたは複数のセックスパートナーをもつ,風俗業に従事している)

  • STDに罹患しているか高リスク行動をとるパートナーがいる

妊婦には,初回の妊婦健診時にスクリーニングを実施する;25歳未満または危険因子を有する妊婦は第3トリメスターにも再度スクリーニングを実施する。

異性間で性的に活発な男性には,青年クリニックまたはSTD外来の受診時や矯正施設への収容時などクラミジア感染の有病率が高い状況を除いて,スクリーニングは実施しない。

男性と性交する男性には,過去1年間に性的に活動的であった場合,以下のスクリーニングを実施する:

  • 肛門性交の挿入側の場合:尿スクリーニング検査

  • 肛門性交の受け側の場合:直腸拭い液

  • 口腔性交の場合:咽頭拭い液

診断に関する参考文献

治療

  • アジスロマイシンまたはドキシサイクリン

合併症のない下部性器感染症は,典型的には以下のいずれかにより治療する:

  • アジスロマイシン1g,経口,単回

  • ドキシサイクリン100mg,経口,1日2回の7日間レジメン

  • 一部のフルオロキノロン系薬剤(例,レボフロキサシン500mg,経口,1日1回)

妊婦のスクリーニングおよび治療は,結膜炎や肺炎などの新生児クラミジア感染症を予防する最も効果的な方法である。エリスロマイシンまたはその他の製剤による新生児の眼感染予防では,新生児のクラミジア結膜炎は予防できない。

具体的な感染症については,本マニュアルの別の箇所で考察している:オウム病および肺炎クラミジア肺炎 市中肺炎(Community-acquired pneumonia)は,病院の外で獲得した肺炎と定義されている。同定される頻度が最も高い病原体は,肺炎球菌(Streptococcus pneumoniae),インフルエンザ菌(Haemophilus influenzae),非定型細菌(すなわち,肺炎クラミジア[Chlamydia... さらに読む 鼠径リンパ肉芽腫 鼠径リンパ肉芽腫(LGV) 鼠径リンパ肉芽腫(LGV)は,Chlamydia trachomatisの3種類の株によって引き起こされる疾患であり,小さな,しばしば症状を伴わない皮膚病変を特徴とし,それに続いて鼠径部または骨盤の所属リンパ節腫脹を生じる。あるいは,肛門性交で感染した場合は,重度の直腸炎を呈することがある。無治療の場合,LGVはリンパの流れを閉塞し,性器... さらに読む および尿道炎,精巣上体炎 精巣上体炎 精巣上体炎は精巣上体の炎症で,ときとして精巣の炎症を伴う(精巣精巣上体炎)。陰嚢の疼痛および腫脹が通常は片側性に生じる。診断は身体診察に基づく。治療は抗菌薬,鎮痛薬,および陰嚢サポーターによる。 大半の精巣上体炎(および精巣精巣上体炎)は細菌感染によって引き起こされる。炎症が精管に及べば,精管炎となる。また全ての精索構造が侵されれば,診断... さらに読む 精巣上体炎 反応性関節炎 反応性関節炎 反応性関節炎は,しばしば感染(通常は泌尿生殖器または消化管感染)により誘発されるとみられる急性の脊椎関節症である。一般的な臨床像としては,下肢を侵す傾向がある様々な重症度の非対称性の関節炎(手指,足趾,またはその両方のソーセージ状変形を伴う),全身症状,付着部炎,腱炎,角質増殖または痂皮化を伴う小胞性病変(膿漏性角化症[keratoder... さらに読む 反応性関節炎 新生児結膜炎 新生児結膜炎 新生児結膜炎は,化学的刺激物または病原性微生物に起因して眼から水様性または膿性分泌物が生じる病態である。抗淋菌薬の外用による出生時予防をルーチンに行う。診断は臨床的に行い,通常は臨床検査により確定する。治療は起因菌に特異的な抗微生物薬による。 (急性細菌性結膜炎および新生児感染症の概要も参照のこと。)... さらに読む 新生児結膜炎 および新生児肺炎 新生児肺炎 新生児肺炎は新生児の肺感染症である。その発症は,出生後数時間以内で全身性敗血症の部分症として,または出生後7日以降で肺に限局してみられる。徴候は呼吸窮迫やショックおよび死亡への進行のみのこともある。診断は敗血症に関する臨床所見および臨床検査結果の評価による。治療は広域抗菌薬で開始し,可及的速やかに起因菌に特異的な薬剤に変更する。... さらに読む トラコーマ トラコーマ トラコーマはChlamydia trachomatisによって生じる慢性結膜炎で,進行性の増悪および寛解が繰り返す特徴がある。予防可能な失明原因の世界第1位である。初期症状は,結膜充血,眼瞼浮腫,羞明,および流涙である。後に,角膜血管新生,ならびに結膜,角膜,および眼瞼の瘢痕化を生じる。診断は通常臨床的に行う。治療は抗菌薬の局所または全身... さらに読む トラコーマ および封入体結膜炎 成人封入体結膜炎 成人封入体結膜炎はChlamydia trachomatisの性感染が原因である。症状としては,慢性の片眼性充血や粘液膿性眼脂などがある。診断は臨床的に行う。治療は抗菌薬の全身投与による。 (結膜炎の概要も参照のこと。) 成人封入体結膜炎はChlamydia trachomatis血清型D~Kにより引き起こされる。ほとんどの場合,成人封入... さらに読む

要点

  • C. trachomatisはトラコーマまたはSTDを引き起こし,母子感染は新生児結膜炎や新生児肺炎の原因となりうる。

  • 肺炎クラミジア(C. pneumoniae)は肺炎を引き起こすことがある(特に小児および若年成人と閉鎖環境下の集団)。

  • C. psittaciは通常,オウムをはじめとするオウム類から感染し,まれに肺炎(例,オウム病)を引き起こす。

  • C. trachomatisおよび肺炎クラミジア(C. pneumoniae)感染症はNAATにより診断する。

  • 無症状の高リスク患者には,クラミジアによる性感染症のスクリーニングを実施する。

  • アジスロマイシンまたはドキシサイクリンで治療する。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
本章の目次
クラミジアおよびマイコプラズマ
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP