Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

高IgM症候群

執筆者:

James Fernandez

, MD, PhD, Cleveland Clinic Lerner College of Medicine at Case Western Reserve University

最終査読/改訂年月 2018年 6月

高IgM症候群は,血清中IgM濃度が正常または高値で,他の血清免疫グロブリン(Ig)の低値または欠如を特徴とする免疫グロブリン欠損症で,細菌感染症に罹患しやすくなる。

X連鎖高IgM症候群

ほとんどの症例はX連鎖型で,活性化ヘルパーT細胞表面上のタンパク質(CD154,またはCD40リガンド)をコードするX染色体上の遺伝子変異に起因する。サイトカインの存在下で,正常なCD40リガンドはB細胞と相互作用し,それによりIgM産生からIgA,IgG,またはIgE産生にスイッチするシグナルを伝達する。X連鎖型の高IgM症候群では,T細胞のCD40リガンドが機能しないため,B細胞にスイッチシグナルを伝達できない。そのため,B細胞はIgMのみを産生する;IgM濃度は正常の場合も高値の場合もある。

X連鎖型の患者では,重度の好中球減少症がみられることがあり,乳児期にPneumocystis jirovecii肺炎 Pneumocystis jirovecii肺炎 Pneumocystis jiroveciiは免疫抑制患者,特にヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染患者およびコルチコステロイドの全身投与を受けている患者における肺炎の一般的な起因菌である。症状としては,発熱,呼吸困難,乾性咳嗽などがある。診断には,誘発または気管支鏡によって採取した喀痰検体における起因菌の証明が必要である。治療は抗菌薬によって行い,通常トリメトプリム/スルファメトキサゾールもしくはジアフェニルスルホン/トリメトプリム,ク... さらに読む <i>Pneumocystis jirovecii</i>肺炎 を呈することが多い。CD40リガンドのシグナル伝達が不十分でB細胞が活性化されないため,リンパ組織は非常に小さい。その他の点では,臨床像はX連鎖無ガンマグロブリン血症 X連鎖無ガンマグロブリン血症 X連鎖無ガンマグロブリン血症は,免疫グロブリンの低値または欠如,およびB細胞の欠如を特徴とし,莢膜を有する細菌による反復性感染症を招く。 (免疫不全疾患の概要および免疫不全疾患が疑われる患者へのアプローチも参照のこと。) X連鎖無ガンマグロブリン血症は,液性免疫不全が関与する原発性免疫不全症である。この疾患は,ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)をコードするX染色体の遺伝子の変異に起因する。BTKはB細胞の発生および成熟に必須である;B... さらに読む と似ており,生後2年間に起こる反復性の化膿性細菌副鼻腔肺感染がある。Cryptosporidium属原虫に対する易感染性が亢進することがある。多くの患者は思春期前に死亡し,それより長く生きる患者は,肝硬変またはB細胞リンパ腫を発症することが多い。

常染色体劣性高IgM症候群

CD40の変異を伴う常染色体劣性型の高IgM症候群では,症状がX連鎖型と類似している。

少なくとも4種類の常染色体劣性型がB細胞の異常に関与する。これらの型のうち2種類(活性化誘導型シチジンデアミナーゼ[AID]の欠損またはウラシルDNAグリコシラーゼ[UNG]の欠損)では,血清中IgM濃度がX連鎖型よりはるかに高い;リンパ組織過形成(リンパ節腫脹,脾腫,および扁桃肥大を含む)を呈し,自己免疫疾患を有することもある。白血球減少症はみられない。

診断

  • CD40リガンドの発現および遺伝子検査

高IgM症候群の診断は,再発性の副鼻腔肺感染症,慢性下痢,リンパ組織過形成などの臨床基準に基づいて疑う。血清免疫グロブリンの濃度を測定する;IgM濃度が正常または高値で,他の免疫グロブリン濃度が低値または欠如していれば診断が裏付けられる。フローサイトメトリーによりT細胞表面のCD40リガンド発現について検査すべきである。可能であれば,遺伝子検査によって診断を確定する。妊娠を検討している女性に対しては,CD40リガンド欠損の家族歴がある場合,出生前遺伝学的検査を勧めることがある。他の近親者の遺伝子検査をルーチンに行うことはない。

他の臨床検査所見には,メモリーB細胞(CD27)の減少およびクラススイッチしたメモリーB細胞(IgD-CD27)の欠如などがある。

治療

  • 予防的免疫グロブリン(IgG)補充療法およびときにトリメトプリム/スルファメトキサゾール

  • 可能であれば造血幹細胞移植

X連鎖型またはCD40変異のある患者では,P. jiroveciiによる感染を予防するためにトリメトプリム/スルファメトキサゾールを予防投与し,Cryptosporidium属原虫による感染(Professional.see page 予防 予防 胃腸炎は,胃,小腸,および大腸の粘膜組織に炎症が生じる病態である。大半の症例が感染性胃腸炎であるが,薬剤や化学的毒性物質(例,金属,植物性物質)の摂取後に発生する場合もある。感染は食品,水,またはヒトからヒトの経路を介して成立する。米国では,毎年6人に1人が食中毒にかかると推定されている。症状としては食欲不振,悪心,嘔吐,下痢,腹部不快感... さらに読む )リスクを減らすために環境面の予防策を講じる。しかし,予後が不良なため,HLA一致同胞のドナーが得られる場合は,造血幹細胞移植 造血幹細胞移植 造血幹細胞(HSC)移植は,造血器悪性腫瘍(白血病,リンパ腫,骨髄腫)および他の血液疾患(例,原発性免疫不全症,再生不良性貧血,骨髄異形成)で治癒をもたらす可能性がある手技で,急速に発展しつつある。HSC移植は,ときに化学療法に反応する固形腫瘍(例,一部の胚細胞腫瘍)に用いられることもある。(移植の概要も参照のこと。) HSC移植は,以下の機序によって寛解に導く: 骨髄破壊的前処置によって骨髄を再建する... さらに読む が望ましい。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP