Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

甲状腺機能正常症候群(euthyroid sick syndrome)

執筆者:

Jerome M. Hershman

, MD, MS, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2019年 5月

甲状腺機能正常症候群(euthyroid sick syndrome)は,甲状腺疾患以外の全身疾患を有し臨床的には甲状腺機能に異常のない患者における血清甲状腺ホルモン低値の状態である。診断は甲状腺機能低下症の除外に基づく。治療は基礎疾患に向けて行われる;甲状腺ホルモンの補充は適応とならない。

様々な種類の急性または慢性の非甲状腺性疾患がある患者で,甲状腺機能検査の結果 甲状腺機能の臨床検査 甲状腺は前頸部の輪状軟骨直下に位置し,峡部で連結された2つの葉から成る。甲状腺濾胞細胞は,主に以下の2種類の甲状腺ホルモンを産生する: テトラヨードサイロニン(サイロキシン,T4) トリヨードサイロニン(T3) これらのホルモンは,核内受容体に結合し幅広い遺伝子産物の発現を変化させることによって実質的に全身のあらゆる組織の細胞に作用する。... さらに読む が異常を示すことがある。このような疾患には,急性および慢性疾患,特に絶食,飢餓,タンパク質-エネルギー低栄養,重度外傷,心筋梗塞 急性冠症候群(ACS)の概要 急性冠症候群は冠動脈の急性閉塞により引き起こされる。その結果は閉塞の程度と位置によって異なり,不安定狭心症から非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI),ST上昇型心筋梗塞(STEMI),さらには心臓突然死に至るまで様々である。これらの症候群(突然死は除く)のそれぞれで症状は類似しており,胸部不快感がみられるほか,呼吸困難,悪心,および発汗を伴う場合がある。診断は心電図検査と血清マーカーの有無による。治療法は抗血小板薬,抗凝固薬,硝酸薬,β遮... さらに読む 慢性腎臓病 慢性腎臓病 慢性腎臓病(CKD)とは,腎機能が長期にわたり進行性に悪化する病態である。症状は緩徐に現れ,進行すると食欲不振,悪心,嘔吐,口内炎,味覚異常,夜間頻尿,倦怠感,疲労,そう痒,精神的集中力の低下,筋収縮,筋痙攣,水分貯留,低栄養,末梢神経障害,痙攣発作などがみられる。診断は腎機能検査に基づき,ときに続いて腎生検を施行する。治療は主に基礎疾患... さらに読む 慢性腎臓病 ,糖尿病性ケトアシドーシス,神経性やせ症,肝硬変 肝硬変 肝硬変は,正常な肝構築が広範に失われた肝線維化の後期の病像である。肝硬変は,密な線維化組織に囲まれた再生結節を特徴とする。症状は何年も現れないことがあり,しばしば非特異的である(例,食欲不振,疲労,体重減少)。後期の臨床像には,門脈圧亢進症,腹水,代償不全に至った場合の肝不全などがある。診断にはしばしば肝生検が必要となる。肝硬変は通常,不可逆的と考えられている。治療は支持療法である。... さらに読む ,熱傷,敗血症 敗血症および敗血症性ショック 敗血症は,感染症への反応が制御不能に陥ることで生命を脅かす臓器機能障害が生じる臨床症候群である。敗血症性ショックでは,組織灌流が危機的に減少する;肺,腎臓,肝臓をはじめとする急性多臓器不全が起こる場合もある。免疫能の正常な患者における敗血症の一般的な原因は,多様なグラム陽性または陰性菌などによる。易感染性患者では,まれな細菌または真菌が原... さらに読む などがある。

トリヨードサイロニン(T3)の低下が最もよくみられる。さらに重症または罹病期間の長い患者では,サイロキシン(T4)も低下する。血清リバースT3(rT3)は上昇する。患者の甲状腺機能は臨床的には正常であり,甲状腺刺激ホルモン(TSH)の上昇はない。

発生機序は不明であるが,末梢でのT4からT3への変換の減少,T4から生成されるrT3のクリアランス低下,サイロキシン結合グロブリン(TBG)への甲状腺ホルモンの結合低下などが考えられる。炎症性サイトカイン(例,TNFα,インターロイキン1)が一部の変化の原因となっている可能性がある。

疾患を有する患者における甲状腺機能検査異常の解釈は,ヨードを多量に含む造影剤やアミオダロン(末梢でのT4からT3への変換を低下させる)などの種々の薬物の影響,およびドパミンやコルチコステロイド(下垂体のTSH分泌が減少し,その結果血清TSHが低値となり,続いてT4分泌が減少する)などの様々な薬剤によって複雑になる。

パール&ピットフォール

  • 重症(severely ill)の患者には,甲状腺機能障害が強く疑われない限り,甲状腺機能検査をオーダーすべきでない。

診断

  • TSH

  • 血清コルチゾール

  • 臨床判断

血清rT3は上昇しているが,この測定はまれにしか行われない。

血清コルチゾール値は,甲状腺機能正常症候群ではしばしば上昇しており,下垂体-視床下部疾患による甲状腺機能低下症では低値または正常低値を示す。

検査は非特異的であるため,急性または慢性疾患患者における甲状腺機能検査異常の解釈を行うには臨床判断が必要となる。甲状腺機能障害が強く疑われない限り,このような患者では甲状腺機能検査をオーダーすべきでない。

治療

  • 基礎疾患の治療

甲状腺ホルモンの補充による治療は不適切である。基礎疾患を治療すれば,甲状腺検査の結果は正常化する。

要点

  • 重篤な患者の多くは甲状腺ホルモンが低値であるが,臨床的な甲状腺機能低下はみられないため,甲状腺ホルモンの補充は不要である。

  • TSH値は,真の甲状腺機能低下症の患者では著明な上昇がみられるが,甲状腺機能正常症候群の患者では,低値,正常値,またはごくわずかな上昇しかみられない。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP