Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

他の医学的疾患による精神病性障害

執筆者:

Carol Tamminga

, MD, UT Southwestern Medical Dallas

最終査読/改訂年月 2018年 10月

他の医学的疾患による精神病性障害とは,他の身体疾患によって引き起こされる幻覚または妄想を特徴とする。

精神病とは,妄想,幻覚,まとまりのない思考および発語,現実との接触の喪失を示唆する奇異で不適切な行動(緊張病を含む)などの一連の症状を指す。

この診断名は,精神病症状が医学的疾患の生理学的影響に起因する場合に適用される。例としては,ときに側頭葉てんかんに合併する精神病的な行動または幻嗅,および,ときに頭頂葉病変により引き起こされるcontralateral neglect syndromeがある。

身体疾患に対する心理的な反応(例,ICU症候群),薬物の作用による精神病 物質・医薬品誘発性精神病性障害 物質・医薬品誘発性精神病性障害は,せん妄のない状態において,物質の直接的作用または物質からの離脱による幻覚および/または妄想の存在により,特徴づけられる。 物質誘発性精神病のエピソードは,救急部門および電話緊急相談センターでよくみられる。多数の誘発物質(アルコール,アンフェタミン類,大麻,コカイン,幻覚剤,オピオイド,フェンシクリジン[PCP],催眠鎮静薬など)がある。物質誘発性精神病とみなすには,幻覚および妄想が単純な物質中毒または離... さらに読む もしくは薬物離脱の作用による精神病,または医学的疾患によるせん妄 せん妄 せん妄は,注意,認知,および意識レベルが急性かつ一過性に障害される病態で,その程度には変動がみられ,通常は可逆的である。ほぼ全ての疾患および薬剤が原因となりうる。診断は臨床的に行い,原因同定のために臨床検査と通常は画像検査を施行する。治療は原因の是正と支持療法である。 (せん妄および認知症の概要も参照のこと。) せん妄はあらゆる年齢で起こりうるが,高齢者でより多くみられる。入院する高齢患者の10%以上にせん妄があり,15~50%は入院期... さらに読む が認められる場合には,この診断名は適用されない。

身体疾患と精神病との時間的関係(すなわち,両者が同時期に始まって同時に終わる)を明らかにすることが不可欠である。

身体疾患を治療することでしばしば精神病症状の重症度が低下するが,一部の患者では精神病症状の特異的な治療も必要となる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP