Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

特発性過眠症

執筆者:

Richard J. Schwab

, MD, University of Pennsylvania, Division of Sleep Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 12月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

特発性過眠症は,日中に過度の眠気がみられる状態で,長時間の睡眠を伴う場合と伴わない場合があり,情動脱力発作,入眠時幻覚,および睡眠麻痺がみられない点でナルコレプシーと鑑別される。

特発性過眠症の特徴はよく把握されていない。原因は中枢神経系の機能障害と考えられる。

日中の過度の眠気が主症状である;睡眠時間は長くなることもあれば長くならないこともある。

診断

  • 病歴または睡眠日誌

  • 睡眠検査

長時間の睡眠を伴う特発性過眠症では,病歴または睡眠日誌から夜間睡眠が10時間以上であることがわかる;長時間の睡眠を伴わない特発性過眠症では,夜間睡眠は6時間以上10時間未満である。いずれの場合も,睡眠ポリグラフ検査でその他の睡眠に関する異常所見はみられない。睡眠潜時反復検査では,睡眠潜時が短く(8分未満),レム睡眠期が2回未満である。

治療

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP