Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

腕神経叢および腰仙骨神経叢の疾患

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 9月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

腕神経叢または腰仙骨神経叢の障害は,対応する四肢に疼痛を伴う混合性運動感覚障害を引き起こす。

末梢神経系疾患の概要も参照のこと。)

神経叢内では複数の神経根が絡み合っているため( 神経叢),症状のパターンは個々の神経根または神経の分布とは一致しない。腕神経叢吻側の疾患では肩が,腕神経叢尾側の疾患では手が,腰仙骨神経叢の疾患では下肢が侵される。

神経叢

神経叢

神経叢疾患(神経叢障害)は通常,以下のような物理的圧迫または損傷による:

  • 乳児の場合,分娩時の牽引

  • 成人では通常,外傷(腕神経叢の場合は,転倒により頭部と肩が離れるように力がかかるのが典型的である)または悪性腫瘍の転移による浸潤(腕神経叢の場合は乳癌または肺癌,腰仙骨神経叢の場合は腸管または泌尿生殖器の腫瘍が典型的)

抗凝固薬を投与している患者では,血腫により腰仙骨神経叢が圧迫されることがある。ときに神経線維腫症によって神経叢が侵されることもある。その他の原因には,放射線照射後に生じる線維化(例,乳癌に対する放射線療法後)や糖尿病などがある。

急性腕神経叢炎(神経痛性筋萎縮症,Parsonage-Turner症候群)は主に男性,典型的には若年成人に起こるが,どの年齢でも起こる可能性がある。原因は不明であるが,ウイルス性または免疫性の炎症プロセスが疑われている。

症状と徴候

神経叢疾患の臨床像には,四肢痛,個別の神経根または末梢神経の分布に一致しない運動または感覚障害などがある。

急性腕神経叢炎の症状としては,重度の鎖骨上部痛,筋力低下,反射低下などがあり,腕神経叢の分布域に軽微な感覚異常を伴う。通常は疼痛が軽快するにつれ,筋力低下が生じ,反射が減弱する。3~10日で重度の筋力低下が現れ,典型的にはその後数カ月をかけて軽快していく。最も侵されやすい筋は前鋸筋(侵されると翼状肩甲を来す),上神経幹の支配するその他の筋,および(前腕)前骨間神経の支配する筋(侵されると患者は母指および示指でοの形を作れないことがある)である。

診断

  • 筋電図検査および神経伝導検査

  • 通常は当該神経叢のMRIまたはCT

神経叢疾患の診断は臨床所見から示唆される。

筋電図検査および神経伝導検査を行い,解剖学的分布(侵害されている可能性のある神経根を含む)を明らかにすべきである。

該当する神経叢および近接する脊髄のMRIまたはCTを施行して,腫瘍や血腫などの異常を検出する。典型的な腕神経叢炎の症例を除く,全ての非外傷性神経叢障害に,MRIまたはCTが適応となる。

治療

  • 原因に向けた治療

コルチコステロイドがよく処方されるが,その有益性は証明されていない。

外傷,血腫,および良性または転移性腫瘍に対しては手術が適応となることがある。転移性疾患には,放射線療法,化学療法,またはその両方による治療も行うべきである。

糖尿病性神経叢障害の患者には,血糖コントロールが有益である。

要点

  • 神経叢障害は通常,圧迫または損傷による。

  • 重度の鎖骨上部痛があり,それに続いて筋力低下および反射低下が数日のうちに現れ,数カ月かけて軽快する場合は,急性腕神経叢炎を疑う。

  • 疼痛または末梢の神経脱落症状が神経根または末梢神経の分布と一致しない場合は,神経叢障害を疑う。

  • ほとんどの症例で,筋電図検査およびMRIまたはCTを施行する。

  • 原因を治療する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP