Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

せん妄および認知症の概要

執筆者:

Juebin Huang

, MD, PhD, Memory Impairment and Neurodegenerative Dementia (MIND) Center, University of Mississippi Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 2月
本ページのリソース

認知障害の原因として最も頻度の高い病態は,せん妄(ときに急性錯乱状態とも呼ばれる)と認知症であるが,気分障害(例,うつ病)によって認知機能が障害されることもある。せん妄と認知症は異なる病態であるが,ときに鑑別が困難である。どちらも認知機能が障害されるが,両者の鑑別には以下の点が役立つ:

  • せん妄は主に注意力に影響を及ぼす。

  • 認知症は主に記憶に影響を及ぼす。

その他の特異的な特徴も,これら2つの病態の鑑別に有用である( せん妄と認知症の相違点*)。

  • せん妄は典型的には急性疾患または薬物中毒(ときに生命を脅かす)によって引き起こされ,可逆的であることが多い。

  • 認知症は典型的には脳の解剖学的変化によって生じ,発症がより緩徐で,一般に不可逆的である。

認知症患者は,しばしばせん妄を起こす。高齢患者では,せん妄を認知症と誤認すること(よくある臨床的エラー)を避けなければならず,せん妄が慢性の認知症に併発している場合には特に注意が必要である。臨床検査では認知障害の原因を確定できないため,徹底的な病歴聴取および身体診察,ならびにベースラインの機能に関する情報が不可欠である。

icon

せん妄と認知症の相違点*

特徴

せん妄

認知症

発症

突然発生し,発症が明確に認識される

徐々に発症し,発症が明確に認識されない

持続時間

数日から数週間であるが,それより長いこともある

通常は永続的

原因

ほぼ常に別の病態(例,感染症,脱水,特定の薬物の使用または離脱)

通常は慢性脳疾患(例,アルツハイマー病,レビー小体型認知症,血管性認知症)

経過

通常は可逆的

緩徐進行性

夜間の病状

ほぼ常に悪化

しばしば悪化

注意

高度に障害される

認知症が重度になるまで障害されない

意識レベル

変動的に障害される

認知症が重度になるまで障害されない

時間と場所の見当識

様々

低下

言語の使用

遅く,しばしば一貫性を欠き,不適切

ときに正しい単語を見出すのが困難

記憶

様々

障害,特に最近の出来事の記憶

医学的対応の必要性

直ちに必要

必要であるが,緊急性は低い

*これらの相違点は一般に正しく,診断上有用であるが,例外もまれではない。例えば,外傷性脳損傷は突然起こるが,結果として重度の永久的な認知症を引き起こすことがある;甲状腺機能低下症は緩徐進行性の認知症の臨床像を呈することがあるが,治療によって完全に回復する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP