Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

三尖弁狭窄症

執筆者:

Guy P. Armstrong

, MD, North Shore Hospital, Auckland

最終査読/改訂年月 2018年 6月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース

三尖弁狭窄症(TS)は,三尖弁口が狭小化することによって,右房から右室への血流が妨げられる病態である。原因はほぼ全例でリウマチ熱である。症状としては,頸部のはためくような不快感,疲労,皮膚冷感,右上腹部不快感などがある。頸静脈拍動が著明となり,前収縮期雑音がしばしば第4肋間胸骨左縁で聴取され,吸気時に増強する。診断は心エコー検査による。TSは通常は良性であり,特異的な治療を必要としないが,症状のある患者では手術が有益となることがある。

三尖弁狭窄症はほぼ常にリウマチ熱 リウマチ熱 リウマチ熱は,A群レンサ球菌咽頭感染症の合併症として発生する急性の非化膿性炎症であり,関節炎,心炎,皮下結節,輪状紅斑,舞踏運動などを引き起こす。診断は,病歴,診察,および臨床検査から得た情報に対する,改変Jones診断基準の適用に基づく。治療には,アスピリンまたはその他のNSAIDの投与,重症心炎発生時のコルチコステロイド投与,残存するレンサ球菌の根絶と再感染防止のための抗菌薬投与が含まれる。... さらに読む リウマチ熱 に起因し,ほぼ常に三尖弁逆流症 三尖弁逆流症 三尖弁逆流症(TR)は,三尖弁の閉鎖不全により,収縮期に右室から右房に向かって逆流が生じる病態である。最も一般的な原因は右室の拡大である。症状や徴候は通常みられないが,重症TRでは頸部の拍動,全収縮期雑音,および右室由来の心不全または心房細動が引き起こされる。診断は身体診察および心エコー検査による。TRは通常良性で治療を必要としないが,一部の患者では弁輪形成術,弁修復術,または弁置換術が必要になる。... さらに読む を併発しており,リウマチ性僧帽弁膜症(通常は僧帽弁狭窄 僧帽弁狭窄症 僧帽弁狭窄症(MS)は,僧帽弁口が狭小化することによって,左房から左室への血流が妨げられる病態である。原因は(ほぼ)常にリウマチ熱である。一般的な合併症は,肺高血圧症,心房細動,および血栓塞栓症である。症状は心不全と同じであり,徴候としては開放音や拡張期雑音などがある。診断は身体診察および心エコー検査による。予後は良好である。内科的治療としては,利尿薬,β遮断薬,心拍数低下作用のあるカルシウム拮抗薬,抗凝固薬などがある。より重症例に効果... さらに読む )も同様に併発している。

症状と徴候

重症三尖弁狭窄症でみられる症状は,頸部のはためくような不快感(頸静脈波の巨大a波による),疲労および皮膚冷感(心拍出量低下による),右上腹部不快感(肝腫大による)のみである。

視診で認められる主な徴候は,頸静脈波における揺らめく巨大なa波と緩やかなy谷である。頸静脈怒張を認めることがあり,吸気時に増強する(クスマウル徴候)。横臥位では顔面が暗赤色となり,頭皮の静脈が拡張する(suffusion sign)。肝うっ血および末梢浮腫が生じることがある。

聴診

  • 弱い開放音

  • 前収縮期の雑音亢進を伴う拡張中期ランブル

聴診では,三尖弁狭窄症はしばしば無音であるが,弱い開放音と前収縮期に増強する拡張中期ランブルが聴取されることがある。雑音は静脈還流を増加させる手技(運動,吸気,下肢の挙上,Müller手技)により増強および延長し,静脈還流を減少させる手技(起立,バルサルバ手技)により減弱し短縮する。

三尖弁狭窄症の所見は,しばしば僧帽弁狭窄症 僧帽弁狭窄症 僧帽弁狭窄症(MS)は,僧帽弁口が狭小化することによって,左房から左室への血流が妨げられる病態である。原因は(ほぼ)常にリウマチ熱である。一般的な合併症は,肺高血圧症,心房細動,および血栓塞栓症である。症状は心不全と同じであり,徴候としては開放音や拡張期雑音などがある。診断は身体診察および心エコー検査による。予後は良好である。内科的治療としては,利尿薬,β遮断薬,心拍数低下作用のあるカルシウム拮抗薬,抗凝固薬などがある。より重症例に効果... さらに読む の所見とともに認められ,あまり著明ではない。雑音は臨床的に鑑別できる(三尖弁狭窄雑音と僧帽弁狭窄雑音の鑑別 三尖弁狭窄雑音と僧帽弁狭窄雑音の鑑別 三尖弁狭窄症(TS)は,三尖弁口が狭小化することによって,右房から右室への血流が妨げられる病態である。原因はほぼ全例でリウマチ熱である。症状としては,頸部のはためくような不快感,疲労,皮膚冷感,右上腹部不快感などがある。頸静脈拍動が著明となり,前収縮期雑音がしばしば第4肋間胸骨左縁で聴取され,吸気時に増強する。診断は心エコー検査による。TSは通常は良性であり,特異的な治療を必要としないが,症状のある患者では手術が有益となることがある。... さらに読む の表を参照)。

icon

診断

  • 心エコー検査

三尖弁狭窄症の評価のために心臓カテーテル検査 心臓カテーテル法 心臓カテーテル法とは,末梢の動脈または静脈から心腔,肺動脈,冠動脈,および冠静脈までカテーテルを挿入する手技である。 心臓カテーテル法は,以下のものを含む様々な検査に用いることができる: 血管造影 血管内超音波検査(IVUS) 心拍出量(CO)の測定 さらに読む 心臓カテーテル法 が適応となることはまれである。カテーテル検査が適応(例,冠動脈の解剖学的構造の評価)となる場合の所見としては,右房圧の上昇と拡張早期の緩徐な下降や,拡張期の三尖弁圧較差などがある。

治療

  • 利尿薬およびアルドステロン拮抗薬

  • まれに弁修復術または弁置換術

三尖弁狭窄症の治療方針については,エビデンスが少ない。症状があって治療を受けていない患者には,減塩食と利尿薬およびアルドステロン拮抗薬の投与を行うべきである。

重度の三尖弁狭窄症患者には,症状がみられる場合または他の理由で心臓手術を施行する場合,介入を行うべきである。三尖弁逆流症を合併していない重症TS患者には,経皮的バルーン三尖弁交連切開術を考慮してもよい。

要点

  • 三尖弁狭窄症は,ほぼ全例がリウマチ熱によるものであり,しばしば三尖弁逆流と僧帽弁狭窄を合併する。

  • 聴診所見としては,弱い開放音や前収縮期に増強する拡張中期ランブルなどがあり,雑音は静脈還流を増加させる手技(例,運動,吸気,下肢の挙上)によって増強および延長し,静脈還流を減少させる手技(起立,バルサルバ手技)によって減弱および短縮する。

  • 治療法としては,利尿薬やアルドステロン拮抗薬などがあり,まれに外科的な修復術または置換術が必要となる。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP