Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

尿細管輸送異常に関する序論

執筆者:

L. Aimee Hechanova

, MD, Texas Tech University Health Sciences Center, El Paso

最終査読/改訂年月 2019年 1月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

尿細管系では,電解質,水素イオン,重炭酸塩分子,グルコース,尿酸,アミノ酸,自由水など,多くの物質が分泌または再吸収される。これらのプロセスに機能障害が起こると,臨床的な症候群の発生につながる可能性がある。

症候群は遺伝性,後天性,またはその両方に該当する。以下のものを含む一部の症候群は,ほぼ常に小児期に発生する:

尿細管が侵される症候群としては,以下のものなど,成人期または小児期のいずれにも発生するものがある:

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP