Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

胆嚢摘出後症候群

執筆者:

Ali A. Siddiqui

, MD, Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 6月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

胆嚢摘出後症候群とは,胆嚢摘出術の施行後に腹部症状が出現する病態である。

胆嚢摘出後症候群は5~40%の患者で発生する。想定される胆嚢症状のうち胆嚢摘出術 手術 胆石症は,胆嚢内に1つまたは複数の結石(胆石)が存在する病態である。先進国では,成人の約10%と65歳以上の高齢者の20%で胆石がみられる。胆石は無症状のことが多い。最も一般的な症状は胆道仙痛であり,胆石によって消化不良や高脂肪食に対する不耐症が生じることはない。より重篤の合併症としては,胆嚢炎,ときに感染(胆管炎)を伴う胆道閉塞(胆管内の結石による[総胆管結石症]),胆石性膵炎などがある。診断は通常,超音波検査による。胆石症による症状... さらに読む  手術 の施行後も持続するもの,または術後に発生したもの,もしくは胆嚢摘出術の結果として発生するその他の症状を指す。胆汁の貯蔵臓器である胆嚢を摘出しても,胆道機能や胆道内圧に対する悪影響はほとんど生じないのが通常である。約10%では,Oddi括約筋の機能的または構造的異常により胆道仙痛が生じ,胆道内圧の変化や感受性の亢進を来すと考えられる。

最も一般的な症状は,真の胆道仙痛ではなく,消化不良やその他の非特異的な症状である。乳頭部狭窄は,まれであるが,括約筋周囲に線維化を伴う狭小化が生じる病態であり,おそらくは膵炎,器具の挿入(例,ERCP),あるいは過去の結石通過による外傷と炎症に起因すると考えられる。その他の原因としては,胆管結石 総胆管結石症および胆管炎 総胆管結石症は,胆管内に結石が存在する病態であり,それらの結石は胆嚢内または胆管内で形成される。結石により胆道仙痛,胆道閉塞,胆石性膵炎,または胆管炎(胆管の感染と炎症)が引き起こされる。胆管炎が発生すると,狭窄,うっ滞,および総胆管結石症につながりうる。診断には通常,磁気共鳴胆道膵管造影またはERCPによる画像検査が必要となる。早期の内視鏡的または外科的減圧が必要である。 (胆道機能の概要も参照のこと。)... さらに読む の遺残,膵炎 膵炎の概要 膵炎は急性または慢性のいずれかに分類される。 急性膵炎では,炎症が臨床的および組織学的のいずれにおいても消失する。 慢性膵炎は,不可逆的かつ進行性の組織学的変化を特徴とし,膵内外分泌機能に大幅な低下を来す。慢性膵炎患者は,急性疾患の急性増悪(flare-up)を起こすことがある。... さらに読む 胃食道逆流 胃食道逆流症(GERD) 下部食道括約筋の機能不全によって胃内容が食道に逆流し,灼熱痛が起こる。逆流が持続することで,食道炎,狭窄,まれに化生または癌がもたらされる可能性がある。診断は臨床的に行い,ときに内視鏡検査を併用し,場合によっては胃酸検査を併用する。治療は,生活習慣の改善とプロトンポンプ阻害薬による胃酸分泌抑制のほか,ときに外科的修復による。 (食道疾患および嚥下障害の概要も参照のこと。) 胃食道逆流症(GERD)は頻度の高い疾患であり,成人の10~20... さらに読む 胃食道逆流症(GERD) などがある。

診断

  • ERCPと胆道内圧測定または胆道の核医学検査

  • 胆道系以外を原因とする疼痛の除外

胆嚢摘出後に疼痛が生じた患者は,胆道系の原因に加え,胆道系以外の原因についても評価を行うべきである。疼痛から胆道仙痛が示唆される場合は,アルカリホスファターゼ,ビリルビン,ALT,アミラーゼ,およびリパーゼを測定すべきであり,ERCPと胆道内圧測定または胆道の核医学検査を施行すべきである(Professional.see heading on page 肝臓および胆嚢の臨床検査 肝臓および胆嚢の臨床検査 臨床検査は一般に以下の目的に効果的である: 肝機能障害の検出 肝損傷の重症度の評価 肝疾患の経過および治療効果のモニタリング 診断の絞り込み さらに読む およびProfessional.see page 肝臓および胆嚢の画像検査 肝臓および胆嚢の画像検査 胆道疾患の正確な診断には画像検査が不可欠であり,巣状の肝病変(例,膿瘍,腫瘍)の検出にも重要である。肝細胞障害によるびまん性疾患(例,肝炎,肝硬変)の検出および診断には限界がある。 従来からの超音波検査は,経腹的に施行され,一定時間の絶食を必要とし,構造的な情報は得られるものの,機能的な情報は得られない。一方で胆道系(特に胆嚢)を画像化する検査としては,最も安価で安全かつ最も高感度の方法である。超音波検査は,以下の目的で最善の検査法であ... さらに読む 肝臓および胆嚢の画像検査 )。肝酵素値の上昇はOddi括約筋の機能障害を示唆し,アミラーゼおよびリパーゼの上昇は括約筋の膵臓部分の機能障害を示唆する。

治療

  • ときに内視鏡的乳頭括約筋切開術

内視鏡的乳頭括約筋切開術は,Oddi括約筋の機能障害による再発性の疼痛を緩和し,特に乳頭部狭窄が原因の場合に有効である。ERCPと胆道内圧測定は胆嚢摘出後に生じる疼痛の治療に用いられてきたが,客観的な異常を認めない患者を対象とする場合には,この治療法の効力を示したエビデンスは現時点で得られていない。このような患者は対症的に治療すべきである。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP