Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

羊水の問題

(羊水過多、羊水過少)

執筆者:

Antonette T. Dulay

, MD, Main Line Health System

最終査読/改訂年月 2018年 3月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

羊水量が多すぎる

羊水の量が多すぎる場合(羊水過多)は子宮が引き伸ばされ、妊婦の横隔膜を圧迫します。

羊水量が多すぎる場合、以下のようないくつかの問題が生じる可能性があります。

以下のような原因により羊水が過剰にたまることがあります。

しかし、およそ半数が原因不明です。

羊水量が少なすぎる

羊水の量が少なすぎる場合(羊水過少)にも、以下のような問題が生じる可能性があります。

以下のような場合に羊水過少が起こりやすくなります。

多くの場合、原因は不明です。

第2から第3トリメスター(訳注:第2トリメスターは日本の妊娠中期に、第3トリメスターは妊娠後期にほぼ相当)にかけてアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬(エナラプリルやカプトプリルなど)のような特定の薬剤を使用すると、羊水過少になることがあります。これらの薬剤は通常、妊娠中は避けますが、まれに、重度の心不全の治療に使用されます。非ステロイド系抗炎症薬(アスピリンやイブプロフェンなどのNSAID)も妊娠の後期に用いると羊水の量が減ることがあります。

診断

  • 医師による評価

  • 超音波検査

  • 原因を特定するための検査

妊娠期間の割に子宮が大きすぎたり小さすぎたりする場合には、羊水過多や羊水過少が疑われることがあります。あるいは超音波検査で偶然、羊水の問題が見つかることがあります。問題が見つかると、超音波検査を用いて存在する羊水の量を確認することができます。

羊水が多すぎる、または少なすぎることが分かった場合、考えられる原因を調べます。例えば腟と子宮頸部を診察して、胎児を包む膜が早期に破れていないかどうか確認します。

治療

  • 胎児の成長をモニタリングし、羊水量を計測する超音波検査

  • 胎児の心拍数のモニタリング

  • 基礎疾患の治療

  • ときに羊水の除去

胎児がどのくらい成長しているかをモニタリングし、羊水量を計測するために、定期的に超音波検査を行います。胎動があるときと胎動がないときの胎児の心拍数も定期的にモニタリングします。この検査は胎児の状態(well-being)を調べるために行うものです(ノンストレステストと呼ばれます)。

糖尿病、高血圧などの基礎疾患があれば治療します。

羊水量が多すぎる場合、以下のどちらかが起これば、針を用いて妊婦の腹部から羊水を除去することもあります。

  • 早期の分娩の開始

  • 重大な問題の発生

しかし、羊水が除去されることはまれです。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP