Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

女性の外性器

執筆者:

Jennifer Knudtson

, MD, University of Texas Health Science Center at San Antonio;


Jessica E. McLaughlin

, MD, Medical University of South Carolina

最終査読/改訂年月 2016年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

外性器には、恥丘、大陰唇、小陰唇、バルトリン腺、陰核などが含まれます。これらの器官がある部分を外陰部といいます。

外性器は主に以下の3つの機能を担っています。

大陰唇は、比較的大きな厚い肉質の器官で、他の外性器を取り囲んで保護しています。男性の陰嚢に相当する部分です。大陰唇には汗腺と皮脂腺があり、ここから潤滑液が分泌されます。思春期には、大陰唇にも陰毛が生えてきます。

小陰唇の大きさには個人差があり、非常に小さい人もいれば、幅が5センチメートルほどになる人もいます。小陰唇は大陰唇のすぐ内側にあり、腟と尿道の開口部を囲んでいます。血管が豊富なため、小陰唇はピンク色に見えます。性的な刺激を受けると、この部分の血管が充血して小陰唇が膨らみ、刺激に対してさらに敏感になります。

女性の外性器

腟の開口部と肛門の間の部分(つまり大陰唇の後部)は、会陰部(えいんぶ)と呼ばれます。会陰部の長さは2~5センチメートルほどです。

大陰唇と会陰部は体の他の部分と同じような皮膚で覆われています。対照的に、小陰唇は粘膜で覆われていて、表面は特殊な細胞から分泌される液体で常に湿っています。

腟の開口部は腟口と呼ばれます。性交の際にはここから陰茎が挿入され、月経時には経血がここから排出されるほか、出産時には胎児もここを通って体外に出ていきます。

刺激を受けると、腟口の近くにあるバルトリン腺から、性交に必要な潤滑液が分泌されます。

尿道(尿が膀胱から体外に排出される際に通過する管)の開口部である尿道口は、腟口の上前方にあります。

陰核は、左右2つの小陰唇の上端の間にある小さな突起で、男性の陰茎に相当する器官です。陰核は陰茎と同様に性的な刺激に非常に敏感で、勃起もします。陰核の刺激でオルガスムが得られることもあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP