Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

脳神経の概要

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 1月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

脳神経は12対の神経で構成され、脳から直接出て頭部、頸部、体幹の様々な部位へと伸びています。脳神経には、特殊な感覚(視覚、聴覚、味覚など)を担うものと、顔の筋肉を制御したり腺を調節したりするものがあります。脳神経は、それぞれの位置に応じて、脳の前から後ろに向かって番号と名前が付けられています。

脳神経の構成

12対の脳神経は、脳の下側から出て、頭蓋骨の開口部を通り、頭、首、体幹の各部位へと伸びています。脳神経は、それぞれの位置に応じて、脳の前から後ろに向かって番号と名前が付けられています。つまり、嗅神経は第1脳神経、舌下神経は第12脳神経といった具合です。

脳神経の構成

脳神経疾患は、以下のものが損傷を受けたり機能しなくなった場合に発生します。

脳神経の病気には、眼球の動きを妨げるものがあります。眼球の動きは3つの筋肉によって制御されています。それらの筋肉は、眼球を上下、左右、および斜めの方向に動かします。また、それらの筋肉は以下の脳神経によって制御されています。

これらの神経のうちいずれかが損傷すると、それに制御されている筋肉が様々な程度に麻痺し、眼球を正常に動かせなくなる可能性があります。眼球運動がどのように損なわれるかは、どの神経が影響を受けたかによって異なります。これらの神経のうちどれか1つに麻痺が生じると、特定の方向を見たときに複視が起こります。

知っていますか?

  • 脳神経の病気の中には、眼球の動きを妨げることで、複視(ものが二重に見える症状)を引き起こすものがあります。

症状

脳神経疾患の症状は、どの神経がどのように損傷を受けているかによって異なります。脳神経疾患では、嗅覚、味覚、視覚、顔面の感覚、顔の表情、聴覚、平衡感覚、発話、嚥下(ものを飲み込むこと)、首の筋肉に影響が現れます。例えば、視覚の異常には以下のように様々なものがあります。

脳神経疾患はまた、様々な顔面の痛みや頭痛の原因になることもあります。

診断

  • 症状

  • 脳神経の機能の検査

  • 通常はMRI検査

脳神経疾患が疑われる場合、医師は患者に症状を詳しく尋ね、脳神経の機能を調べる検査を行います。その際には、動いている対象を眼で追うなどの単純な動作を行うよう患者に指示します。

しばしばMRIによる脳の画像検査が必要になります。

icon

治療

  • 原因の治療

具体的な脳神経疾患の治療法は原因によって異なります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP