Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

妊娠中にんしんちゅうの自己免疫めんえき疾患

執筆者:

Lara A. Friel

, MD, PhD, University of Texas Health Medical School at Houston, McGovern Medical School

医学的にレビューされた 2021年 10月
プロフェッショナル版を見る

抗リン脂質抗体こうたい症候群

血栓が形成されやすい、または過剰に形成される病気びょうきである抗リン脂質抗体こうたい症候群は、妊娠中にんしんちゅう、以下の原因げんいんとなる可能性かのうせいがあります。

抗リン脂質抗体こうたい症候群を診断しんだんするには、医師いしは、以下をぎょういます。

  • 原因げんいん不明の死産しざんまたは流産りゅうざん早産そうざん、血栓による問題もんだい過去かこにあったどうかを妊婦に尋ねる

  • 期間きかんけてすくなくとも2かい血液検査けつえきけんさおこなって抗リン脂質抗体こうたい価を調しらべる

この情報じょうほうに基づき、抗リン脂質抗体こうたい症候群を診断しんだんできます。

抗リン脂質抗体こうたい症候群の妊婦は通常、妊娠中にんしんちゅうと分娩あと6週間しゅうかん、抗凝固くすりおよび低ようりょうアスピリンで治療ちりょうします。治療ちりょうにより血栓の形成と妊娠にんしん合併症がっぺいしょうの発生が予防よぼうできます。

免疫めんえき性血小板減少症(ITP)

妊娠中にんしんちゅう治療ちりょうをしないと、免疫めんえき性血小板減少症は重症じゅうしょうになる傾向があります。

この病気びょうき原因げんいんとなる抗体こうたい胎盤たいばんを通過して胎児に及ぶことがあります。しかし、この抗体こうたいが胎児の血小板すう影響えいきょうあたえることはめったになく、

通常は経腟分娩が可能です。

免疫めんえき性血小板減少症の治療ちりょう

  • コルチコステロイド

  • ときに免疫めんえきグロブリンの静脈内投与

コルチコステロイド(通常はプレドニゾン[日本にっぽんではプレドニゾロン]の内服)によって血小板のすうを増やすことができ、免疫めんえき性血小板減少症の妊婦はこれで血液けつえき凝固を改善します。しかし、この状態じょうたいが続くのはおよそ半数はんすうの妊婦のみです。また、プレドニゾン(日本にっぽんではプレドニゾロン)により胎児の成長せいちょうが在胎期間きかんの割に遅くなったり、未熟な状態じょうたいまれたりするリスクが高まります。

血小板すう危険きけんなレベルにまで低下している場合ばあいには、分娩直まえに高ようりょう免疫めんえきグロブリンが静脈内投与されることがあります。免疫めんえきグロブリン(免疫めんえき系が正常せいじょうひと血液けつえきから得た抗体こうたい)は一時的に血小板すうを増加させ、血液けつえき凝固を改善します。その結果、安全あんぜんに分娩が進ぎょうできるようになり、制御不能な血を起こすことなく経腟分娩が可能となります。

血小板輸血は、血小板すうが非常にすくないために分娩時にひどい血が予想される場合ばあいか、ときに帝王切開が必要ひつよう場合ばあいに限っておこなわれます。

まれに、治療ちりょうおこなっても血小板すうが増加せず危険きけん状態じょうたいが続くことがあり、このような場合ばあいには、古い血球や血小板を捕らえて破壊するはたらきを担っている脾臓を摘することがあります。脾臓の摘術をおこなうのに最適な時期は第2トリメスター(訳注やくちゅう日本にっぽん妊娠中にんしんちゅう期にほぼ相当)です。

重症じゅうしょう筋無ちから

重症じゅうしょう筋無ちから 重症筋無力症 重症筋無力症は、神経と筋肉の間の信号伝達が妨げられる自己免疫疾患で、筋力低下の発作を引き起こします。 重症筋無力症は、免疫系の機能不全により起こります。 通常、まぶたの下垂と複視が起こり、運動後は筋肉の著しい疲労と筋力低下が起こります。 診断を確定するためには、アイスパックや安静によってまぶたの下垂が軽減するかをみる検査、筋電図検査、血液検査が役立ちます。 筋力を速やかに改善できる薬や、病気の進行を遅らせる薬があります。 さらに読む は、筋ちから低下をこします。妊娠中にんしんちゅう影響えいきょうは様々です。妊婦では筋ちから低下の発作がおおくなることがあります。そのため、治療ちりょうくすり(ネオスチグミンなど)の投与りょうを増やす必要ひつようがある場合ばあいがあります。これらのくすりざいには、腹痛、下痢げり嘔吐おうと、脱ちから感が増すなどの副作用ふくさようが生じる可能性かのうせいがあります。これらのくすりざい効果こうかがなければ、コルチコステロイドや免疫めんえき系を抑制するくすりざい免疫めんえき抑制くすり)が投与されることがあります。

マグネシウムなどの妊娠中にんしんちゅうによく使用しようされるくすりざいなかには、重症じゅうしょう筋無ちから症による筋ちから低下を悪化させるものがあります。そのため重症じゅうしょう筋無ちから症の女性じょせいは、主治医にこの病気びょうきのことをかならつたえるようにします。

重症じゅうしょう筋無ちから症の妊婦では、ごくまれに分娩時に呼吸こきゅうの補助(補助換気)が必要ひつようになることがあります。

この病気びょうき原因げんいんとなる抗体こうたい胎盤たいばんを通過します。このため母親が重症じゅうしょう筋無ちから症の場合ばあい、新生児のおよそ5分の1はおな病気びょうきをもってまれてきます。しかし、母からだから移ぎょうした抗体こうたいは徐々に消失していき、どものからだ内ではこの種類しゅるい抗体こうたいは作られないため、新生児にみられる筋ちから低下はほとんどが一時的なものです。

関節かんせつリウマチ

関節かんせつや腰椎に関節かんせつリウマチによる異常いじょうがあると難産になることがありますが、関節かんせつリウマチ自からだが胎児に影響えいきょうを及ぼすことはありません。妊娠にんしんすると関節かんせつリウマチの症状しょうじょうが軽快することがありますが、たいていの場合ばあい出産しゅっさんあとに元の症状しょうじょうに戻ります。

妊娠中にんしんちゅうに再燃が生じた場合ばあい、プレドニゾン(日本にっぽんではプレドニゾロン)(コルチコステロイドの1つ)で治療ちりょうします。プレドニゾン(日本にっぽんではプレドニゾロン)に効果こうかがなければ、免疫めんえき系を抑制するくすりざい免疫めんえき抑制くすり)が使用しようされることがあります。

全身ぜんしん性エリテマトーデス

全身ぜんしん性エリテマトーデスを発症する女性じょせいおおくが過去かこ流産りゅうざんを繰り返していたり、胎児が在胎期間きかんの割に成長せいちょうしなかったり(在胎不当過小 在胎不当過小(SGA:Small for Gestational Age)の新生児 同じ在胎期間で生まれた新生児の90%が占める体重分布よりも体重が軽い(10パーセンタイル未満)新生児は、在胎期間に比べて小さい(在胎不当過小)とみなされます。 両親が小柄である、胎盤が正常に機能しなかった、母親に病気がある、母親が薬を飲んでいる、母親が妊娠中に喫煙した、飲酒したなどの場合に、新生児の体重が小さくなります。 感染症や遺伝性疾患がない限り、在胎不当過小の新生児のほとんどは、ほかには症状がみられず健康です。... さらに読む )、 早産そうざん 切迫早産 妊娠37週以前に起こる陣痛は切迫早産とみなされます。 早産児として生まれた新生児には、深刻な健康上の問題が生じる可能性があります。 切迫早産の診断は通常明らかです。 安静にしたり、ときには薬剤を用いて、分娩を遅らせます。 抗菌薬やコルチコステロイドも必要な場合があります。 さらに読む を経験したりしています。全身ぜんしん性エリテマトーデスによる合併症がっぺいしょう(腎障害や高血圧こうけつあつなど)があると、胎児や新生児が死亡しぼうするリスクや母からだ死亡しぼうのリスクがたかくなります。

全身ぜんしん性エリテマトーデスに関連する問題もんだいは、以下のような方法ほうほうで最小限に抑えることができます。

  • 病状びょうじょうが6カげつかん収まるまで妊娠にんしんを控える。

  • 全身ぜんしん性エリテマトーデスをできるだけ良好にコントロールするためにくすりざい使用しよう方法ほうほうを調節する。

  • 血圧と腎機能が正常せいじょうである。

妊娠にんしんすると全身ぜんしん性エリテマトーデスにより生じた抗体こうたいが、胎盤たいばんを通過して胎児に及ぶことがあります。その結果、胎児に心拍しんぱくすうの著しい低下、貧血、血小板すうの減少、白血球すうの減少などが生じることがあります。しかし、この抗体こうたいあとすう週間しゅうかんで徐々に消失するため、この抗体こうたい原因げんいんで生じていた症状しょうじょうは、心拍しんぱくすう低下を除いて、すべて解消します。

全身ぜんしん性エリテマトーデスの女性じょせい妊娠にんしんまえにヒドロキシクロロキンを使用しようしていた場合ばあい妊娠中にんしんちゅうを通じて使用しようすることがあります。再燃が起こった場合ばあいは、低ようりょうのプレドニゾン(コルチコステロイドの1つ、日本にっぽんではプレドニゾロン)の内服か、ほかのコルチコステロイド(たとえばメチルプレドニゾロンの静脈内投与)を使用しようするか、あるいはアザチオプリンなどの免疫めんえき系を抑制するくすりざい免疫めんえき抑制くすり)が必要ひつようになることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP