Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ナイアシン欠乏症

(ペラグラ)

執筆者:

Larry E. Johnson

, MD, PhD, University of Arkansas for Medical Sciences

医学的にレビューされた 2019年 10月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

ナイアシン欠乏症(ペラグラの原因)は先進国ではまれです。ナイアシン欠乏症の患者の多くでは、 タンパク質 低栄養 低栄養とは、カロリーまたは1つ以上の必須栄養素が不足している状態です。 低栄養は、食べものを手に入れたり調理したりできない、食べものを食べたり吸収したりしにくくなる病気がある、またはカロリーの必要量が大幅に増えているということが原因で発生することがあります。 低栄養は、多くの場合、見た目にも明らかです。低体重で、しばしば骨が突き出ており、... さらに読む 低栄養 リボフラビン リボフラビン欠乏症 リボフラビン欠乏症は通常、ビタミンの少ない食事や吸収障害に起因する、その他のビタミンB群の欠乏症とともに起こります。 口の端や唇がひび割れて痛み、頭部の皮膚にうろこ状の剥がれやすい斑点ができ、口と舌が紫紅色になります。 診断は、症状、尿検査の結果、リボフラビンのサプリメントに反応することに基づいて下されます。 高用量のリボフラビンのサプリメント(通常は服用)によって、リボフラビン欠乏症を改善できます。... さらに読む (ビタミンB群の1つ)、 ビタミンB6 ビタミンB6欠乏症 ビタミンB6はほとんどの食品に含まれていますが、適切に吸収されなければビタミンB6欠乏症が生じることがあります。 ビタミンB6は多くの食品に含まれますが、長時間の調理によって失われることがあります。 患者には、けいれん発作、うろこ状の発疹、赤い舌、口の端のひび割れ、手足の針で刺したような感覚がみられることがあります。 診断は、症状、可能性のある原因があること、ビタミンB6のサプリメントに反応することに基づいて下されます。... さらに読む の欠乏症もみられます。

  • 独特な暗赤色の発疹が手、足、ふくらはぎ、首、顔に現れ、舌と口が暗赤色に変色します。

  • 消化管の不調、疲労、不眠、無関心、後に錯乱と記憶障害がみられます。

  • 診断は、食事歴、症状、ときに尿検査の結果に基づいて下されます。

  • ナイアシン欠乏症は、高用量のニコチン酸アミドまたはニコチン酸を経口投与することで改善できます。

乾燥酵母、レバー、赤身肉、鶏肉、魚、豆類、全粒または栄養強化シリアル製品・パンなどには、ナイアシンが豊富に含まれています。トリプトファン(アミノ酸の一種)は体内でナイアシンに変換されるため、乳製品などのトリプトファンが豊富な食品で、ナイアシンの摂取不足を補うことができます。

ナイアシン」という言葉は2通りの使い方をされ、1つはニコチン酸の同義語として、もう1つはこのビタミンBの2種類の型であるニコチン酸アミドとニコチン酸を含む広い意味で使われます。

原因

ナイアシン欠乏症の一種は、ナイアシンおよびトリプトファン(アミノ酸の一種)の欠乏が原因で生じます。ナイアシン欠乏症は、皮膚、消化管、脳に影響を及ぼすペラグラという病気を引き起こします。体内でトリプトファンはナイアシンに変換されるため、ペラグラは食事に含まれるナイアシンおよびトリプトファンが不足している場合にのみ起こります。トウモロコシ(インディアンコーン)はナイアシンとトリプトファンの含有量が少ないため、トウモロコシが主食の地域に住む人はペラグラを発症するリスクがあります。さらに、トウモロコシに含まれるナイアシンは、トルティーヤを調理するときのようにアルカリ処理しないと腸で吸収できません。ペラグラは季節性の病気である場合があり、毎年春に現れて夏の間続きます(食事の内容が主にトウモロコシ製品に偏る時期)。

ペラグラは、以下のいずれかに該当する人でも発生します。

以下の結果、ナイアシン欠乏症に至ることがあります。

症状

ペラグラを有する人は典型的な症状として、日焼けに似た暗赤色の発疹が左右対称にみられ、日光にあたると悪化します(光線過敏症)。日光にあたった部位に発疹が生じ、その場所が明確に分かります。

  • 腕や手(グローブのように)

  • 足とふくらはぎ(ブーツのように)

  • 首の周囲(ネックレスのように)

  • 顔に蝶のような形で

皮膚の異常は長く続き、病変部位は茶色に変色してうろこのようになることがあります。

消化管全体に影響が出ます。舌と口が炎症を起こして暗赤色になることがあります。舌が腫れたり、口が焼けつくような感じがしたり、舌と口のいずれにも口内炎が生じることがあります。のどや食道にも焼けつくような感覚が生じます。唾液の分泌量が増えることがあります。その他、吐き気、嘔吐、腹部不快感、便秘、下痢(血液が混ざることあり)などの症状があります。

その後、疲労、不眠、無関心が現れます。続いて、通常は脳の機能不全(脳症)が起こります。これは錯乱、見当識障害、幻覚、記憶障害を特徴とします。過度な興奮、抑うつ状態、気分の極端な高揚(躁状態)、せん妄状態、誇大妄想(他人に危害を加えられると思い込む)などになることがあります。

診断

  • 身体診察

  • 尿検査

  • ナイアシンのサプリメントの摂取による症状の緩和

ナイアシン欠乏症の診断は、食事歴と症状に基づいて下されます。尿に含まれるナイアシンの副産物の測定は診断を確定する上で役立ちますが、この検査は常に可能なわけではありません。

診断は、ナイアシンで症状が緩和されると確定します。

治療

  • ナイアシンのサプリメント

  • 他のビタミンB群のサプリメント

ナイアシンサプリメントには2つのタイプ、ニコチン酸アミドとニコチン酸があります。ペラグラはニコチン酸アミドを毎日服用して治療します。ニコチン酸アミドはニコチン酸と異なり、紅潮、かゆみ、灼熱感、チクチクする感覚を引き起こしません。

ナイアシン欠乏症の人は他の栄養素の欠乏症もあることが多いため、バランスのよい食事をとることが重要です。他のビタミンB群のサプリメントも摂取します。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP