Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

肝炎の概要

執筆者:

Sonal Kumar

, MD, MPH, Weill Cornell Medical College

最終査読/改訂年月 2019年 10月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

肝炎は肝臓の炎症です。

肝炎は世界中でみられる病気です。

肝炎には以下の種類があります。

  • 急性(経過が短い)

  • 慢性(6カ月以上持続する)

知っていますか?

  • ワクチンは一部の種類のウイルス性肝炎を予防し、重症度も軽減します。

  • いくつかの単純で常識的な予防措置も肝炎の予防に役立ちます。

原因

肝炎の一般的な原因は以下のものです。

また頻度は低いものの、肝臓の炎症を引き起こす免疫系の反応(自己免疫性肝炎)、遺伝性肝疾患、他のウイルス感染症( 伝染性単核球症 伝染性単核球症 エプスタイン-バーウイルスは、伝染性単核球症をはじめ、いくつかの病気を引き起こします。 この ウイルスはキスを介して広がります。 症状は様々ですが、最も多いのは極度の疲労感、発熱、のどの痛み、リンパ節の腫れです。 血液検査を行って診断を確定します。 アセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は発熱と痛みを和らげます。 さらに読む 伝染性単核球症 単純ヘルペス 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症では、皮膚、口、唇(口唇ヘルペス)、眼、性器に、液体で満たされた、痛みのある小さな水疱が繰り返し発生します。 非常に感染力の強い ウイルス感染症であり、潰瘍に直接触れたり、ときには潰瘍がない場合でも患部に触れることで感染します。 ヘルペスウイルスは口の中や... さらに読む 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 サイトメガロウイルス感染症 サイトメガロウイルス(CMV)感染症 サイトメガロウイルス感染症はよくみられるヘルペスウイルス感染症で、症状が出ないものから、発熱と疲労感が出るもの(伝染性単核球症に似たもの)、また、眼や脳、その他の内臓を侵す重い症状が生じるものまで、症状は多岐にわたります。 この ウイルスは、体の分泌物と接触(性的接触とそれ以外の接触の両方)することで感染します。... さらに読む など)が原因で肝炎が起こることがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP