Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

統合失調症および関連障害群に関する序論

執筆者:

Carol Tamminga

, MD, UT Southwestern Medical Dallas

医学的にレビューされた 2018年 10月
意見 同じトピックページ はこちら

統合失調症 統合失調症 統合失調症は,精神病(現実との接触の喪失),幻覚(誤った知覚),妄想(誤った確信),まとまりのない発語および行動,感情の平板化(感情の範囲の狭まり),認知障害(推理および問題解決の障害),ならびに職業的および社会的機能障害を特徴とする。原因は不明であるが,遺伝的および環境的要因を示唆する強固なエビデンスがある。通常,症状は青年期または成人... さらに読む および関連する精神病性障害(短期精神病性障害 短期精神病性障害 短期精神病性障害は,持続期間が1日以上かつ1カ月未満の妄想,幻覚,または他の精神病症状から成り,最終的に病前の正常な機能状態に回復する。 短期精神病性障害はまれである。既存の パーソナリティ障害(例,妄想性,演技性,自己愛性,統合失調型,境界性)のほか,特定の医学的状況(例,全身性エリテマトーデス,ステロイドの摂取)が発症の素因となる。重... さらに読む 妄想性障害 妄想性障害 妄想性障害は,1カ月以上持続する誤った強い信念(妄想)の存在と,他の精神病症状を認めないことを特徴とする。 妄想性障害は,他のいかなる 精神病症状(例,幻覚,まとまりのない発語または行動,陰性症状)も伴うことなく,妄想だけが存在するという点で,統合失調症と鑑別される。妄想は以下の場合がある:... さらに読む 統合失調感情障害 統合失調感情障害 統合失調感情障害は,精神病,他の 統合失調症症状,および有意な 気分症状を特徴とする。本障害は,生涯のうちに抑うつまたは躁病エピソードが少なくとも1回認められることにより,統合失調症と鑑別される。 精神病とは,妄想,幻覚,まとまりのない思考および発語,現実との接触の喪失を示唆する奇異で不適切な行動(緊張病を含む)などの一連の症状を指す。... さらに読む 統合失調症様障害 統合失調症様障害 統合失調症様障害は,統合失調症と同じ症状がみられるが,その持続期間が1カ月以上6カ月未満であることで特徴づけられる。 精神病とは,妄想,幻覚,まとまりのない思考および発語,現実との接触の喪失を示唆する奇異で不適切な行動(緊張病を含む)などの一連の症状を指す。( 統合失調症および関連障害群に関する序論も参照のこと。)... さらに読む ,および 統合失調型パーソナリティ障害 統合失調型パーソナリティ障害(STPD) 統合失調型パーソナリティ障害は,親密な関係に対する強い不快感およびそのような関係を築く能力の低さ,認知および知覚の歪み,ならびに風変わりな行動の広汎なパターンを特徴とする。診断は臨床基準による。治療は抗精神病薬,抗うつ薬および認知行動療法による。 ( パーソナリティ障害の概要も参照のこと。)... さらに読む )は,精神病症状に加えて,しばしば陰性症状と認知機能障害により最も強く特徴づけられる。

精神病症状には,妄想,幻覚,まとまりのない思考および発語,ならびに奇異で不適切な行動(緊張病を含む)が含まれる。

陰性症状とは,感情の平板化および意欲の欠如など,正常な感情および行動が減退または喪失することである。

これらの障害でみられる認知機能障害は,注意,遂行機能,記憶に影響を及ぼす。

診断は症状と障害の経過に基づく;本障害のバイオマーカーはまだ同定されていないが,広範に検索されている。

意見 同じトピックページ はこちら
家庭版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP