Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
強度変調放射線療法
強度変調放射線療法
強度変調放射線療法

強度変調放射線療法は、最先端の外照射療法の1つで、IMRTとも呼ばれます。まず患部のCT検査を行い、腫瘍と周囲の正常組織の輪郭を明らかにして、照射する放射線の量を決定します。そのデータに応じて、コンピュータ制御されたマルチリーフコリメーターという装置によって、放射線のビームが様々な強度に調整されます。この装置から「リーフ」という遮蔽板が出入りすることで、腫瘍の形状に沿った放射線のビームが作り出されます。腫瘍に当たる放射線をできるだけ多くするため、ビームを様々な角度から体に照射します。IMRTの技術によって、周囲の正常組織に当たる放射線を少量に抑えつつ、より効果が高まるように腫瘍には大量の放射線を照射することができます。IMRTでは、放射線の量を照射領域全体で変えることで、従来の放射線照射療法よりさらに正確に腫瘍の形状に合わせた放射線の照射が可能になります。

関連するトピック
がんに対する放射線療法