honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

骨折(その2)
骨折(その2)
骨折(その2)

骨格系は206個の骨で構成されていて、体の構造を支え、体の動作を可能にし、内臓を保護しています。骨に過剰な圧力がかかると、いわゆる骨折が起こることがあります。骨折は多くの場合、開放骨折または閉鎖骨折に分類されます。 開放骨折は、折れた骨の骨片が皮膚を突き破っている骨折です。骨が露出すると、感染症のリスクが高まるため危険です。閉鎖骨折は、折れた骨が皮膚を破っていない骨折です。 圧迫骨折は複数の骨が互いに力をかけ合って起こる閉鎖骨折です。脊椎によく発生し、立ったり座ったりしたときに起こることがあります。進行した骨粗しょう症が原因で起こることもあります。 剥離骨折は、筋肉が急に強く収縮することで骨の一部が折れて起こる閉鎖骨折です。この骨折は、若い運動選手に多く、運動前に筋肉のストレッチをしなかった場合に起こることがあります。この骨折は、外傷の結果起こることもあります。 嵌入骨折は圧迫骨折と似ていますが、1つの骨の内部で起こります。これは閉鎖骨折の一種で、1つの骨の両端に圧力が加わって骨が2つの骨片に分かれ、互いにめり込んだ状態になります。この種の骨折は、転倒や自動車事故でよく発生します。どのような骨折も深刻な事態として捉えるべきです。骨折したと感じたら、直ちに医師の診察を受けてください。

関連するトピック
骨折の概要