Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
会陰切開
会陰切開
会陰切開

妊娠中、胎児は子宮の中で保護され育まれます。40週間ほどで、胎児が生まれる準備が完全に整います。分娩時には、胎児が子宮から腟に出られるように、子宮の入り口である子宮頸部が開きます。腟は筋肉でできた管状の臓器で、子宮が収縮して胎児を外側へ押し出している間、胎児の頭部と肩が通過できるように広がりますが、しばしば腟の出口が狭すぎて、胎児が通ると腟が裂けてしまいそうになることがあります。こうしたリスクがある場合、会陰切開という処置を行うことがあります。会陰切開では、医師が腟の下端を切開します。そうして腟の出口を広げておくことで、胎児の頭部を引き出す際に腟の出口が裂けるのを予防します。分娩が終わったら、切開部を縫合します。ただし、会陰切開を行うと母親の回復が遅れます。この処置では、いくつかの合併症が起きる可能性があるため、処置を受ける前に医師と相談する必要があります。

関連するトピック
分娩