honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

刺激伝導系
刺激伝導系
刺激伝導系

心臓は鼓動する筋肉で、継続的にからだの他の部分にポンプのように血液を送り出しています。一般的に心拍動と呼ばれているものは、実際は心臓の4つの腔による律動性収縮です。各心拍動は、心臓の特定の神経経路を通る電気信号によって促されています。これらの信号は心電図(EKG)を使って追跡、記録することができます。 心臓の電気信号は右上の腔である右心房にある洞房結節(SA結節)から発生します。信号は次に右および左心房両方を通り、左右心房を収縮させ、血液を下の腔である心室へと押し流します。 電気信号はそのまま房室結節(AV結節)を経由し心室に到達し、ヒス束と呼ばれる心室を区切る組織に入ります。信号はそのままヒス束を下り、心室内に存在する左脚、右脚に到達します。信号が脚に達することによって心室が収縮し、血液が肺およびからだに押し流され、心拍動を完了させます。 刺激伝導系はからだ自身のペースメーカーとして機能し、心拍動を通常の速さである60~100回/分に保っています。心臓の損傷または他の医学的状態によって刺激伝導系の活動が妨害されたとき、心拍動の速さが異常となったり、心拍動が不規則な律動になる場合があります。これが発生した場合、血液を脳や他の体組織に送り出すことが妨げられます。

関連するトピック
不整脈の概要